栃木・日光の紅葉スポット3選!日光いろは坂、中禅寺湖、瀬戸合峡それぞれの魅力を紹介

  • 2479 |
  • 最終更新:

日光の紅葉は、市街地と標高が高い中禅寺湖とでは時期が少しだけ異なります。市街地での見ごろは10月中旬頃から11月上旬、中禅寺湖周辺では10月中旬から10月下旬と時期は少し短くなっています。日光では、紅葉の名所と呼ばれる場所が3ヶ所あります。ドライブをしながら紅葉狩りができる「いろは坂」、遊覧船が楽しめる「中禅寺湖」、橋からの紅葉が美しい「瀬戸合峡」です。ここでは、それぞれの魅力を紹介していきます。日光で秋を感じに行きましょう。

http://blog.goo.ne.jp/

日光の紅葉の魅力

いろは坂をドライブしながら紅葉鑑賞

日光の紅葉の名所の中でも、一番に名前が上がるのが「いろは坂」です。日本の道100選にも選ばれた坂は、上り11km、下り9kmにもなる紅葉を、車でドライブしながら鑑賞できます。坂になっているので場所によって標高が異なり、色づきの濃淡が変化し鮮やかなグラデーションを楽しめます。
ロープウェイで明智平展望台を目指すと、車の渋滞を気にせず山頂に行くことができます。ロープウェイで眼下から望む景色や、展望台からの光景はまさに絶景!赤や黄色、緑の色彩のじゅうたんが、美しく広がります。

「中禅寺湖」で湖に映り込む紅葉を楽しむ

「中禅寺湖」は標高約1,270mにあり、日本の自然湖の中では一番高い場所に位置しています。ここからは日光連山や男体山の紅葉を望め、湖に映りこむ紅葉の景色も楽しめます。湖畔をゆったり歩きながらの紅葉狩りがおすすめです。遊覧船にのって湖から紅葉を眺めるのも一興。紅葉を巡るコースが用意されていて、30分と1時間の遊覧を選べます。

瀬戸合峡の吊り橋から紅葉を見渡す

「瀬戸合峡」は、鬼怒川の侵食でできた峡谷です。高さ100mにもなる断崖に囲まれた渓谷が約2km続き、県道23号線から見下ろすことができます。大きな吊り橋の「渡らっしゃい吊橋」からは、紅葉の色彩と、目前の断崖の黒や白色の地肌が自然の力強さや美しさを引き立たせ、絶景を眺望できます。

3つの紅葉はどれも壮観!お気に入りのスポットを見つけてみてください。
 

紅葉の見頃の時期について

日光いろは坂
10月中旬から11月上旬で、カエデやナナカマド、ツツジが彩ります。
中禅寺湖
10月中旬から10月下旬です。カエデの他、ウルシやブナ、ミズナラ、カツラなどが紅葉します。
瀬戸合峡
見頃は10月中旬から11月上旬で、ツタウルシ、モミジを観賞できます。
 

日光紅葉スポットへのアクセス

「日光いろは坂」は「日光駅」から「中禅寺温泉行き」のバスで約40分。明智平で降りてすぐです。いろは坂は混雑するため、早めの移動をオススメします。
「中禅寺湖」は「日光駅」から「中禅寺温泉行バス」で約45分。「中禅寺温泉」に降りてすぐの場所にあります。
「瀬戸合峡」は日光市内から東武鬼怒川線に乗り「鬼怒川温泉駅」に下車。「女夫渕行き」のバスに乗って約75分。「川俣平家塚」下車、徒歩5分で到着します。また、さらに遠くにある奥日光には、「日光東照宮」があり、こちらでも紅葉を楽しめます。

スポット詳細

名称:日光いろは坂
所在地:栃木県日光市細尾町
営業時間:9:00~16:00
料金:明智平ロープウェイ(往復)大人730円、小人370円
公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/

名称:中禅寺湖
所在地:栃木県日光市中宮祠
営業時間:始発9時30分から最終午後4時20分
料金:遊覧船(もみじ廻り)Aコース1時間 一般 1500円、Bコース 30分コース 一般 850円
公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/

名称:瀬戸合峡
所在地:栃木県日光市川俣
料金:駐車場無料
公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ