京都「東福寺」の通天橋で紅葉狩り。珍しい三葉楓が黄金に色づく「通天紅葉」は必見

  • 1614 |
  • 最終更新:

京都の東山にある東福寺は、美しい紅葉を見ることができるスポットとして有名です。
本堂と普門院、開山堂を結ぶ「通天橋」と呼ばれる場所から、葉が三つに分かれて黄金色に色づくカエデ「通天紅葉」が数十本見ることができます。
20万平方メートル以上の広大な境内には、国宝指定されている三門、苔と敷石が市松模様を描く方丈庭園など、紅葉以外にも見どころ満載。紅葉時期が遅いため、「秋の京都最後の紅葉」としても親しまれています。

http://blogs.yahoo.co.jp/

東福寺の紅葉の魅力

通天橋と東福寺本坊庭園の特別公開開催

11月1日(日)から12月6日(日)の期間、午前8時から午後4時まで「東福寺 看楓特別公開」が行われます。紅葉が美しくなる時期に、通常営業時間より30分早く、「通天橋」と国指定名勝「東福寺本坊庭園」の拝観ができる特別開催期間です。

珍しい形の三葉楓は必見!

東福寺に植えられている黄金色に染まる三葉楓は特に見逃せません。その形の珍しさから「秋のすゑ」「洛陽の奇観」と称されています。東福寺は立地条件が加わり紅葉する時期が京都の中でも遅く、京都の秋を名残り惜しむ人々で賑わいます。その色彩は秋を謳歌するように燃え、冬の到来を忘れさせてくれるように、寒空を赤や黄金色に染め上げます。

東福寺の紅葉の見頃は?

例年の色づき始めは11月中旬で、見頃は11月下旬から12月上旬まで。イロハモミジやモミジ、トウカエデ、三葉楓があり、さまざまに色づく様子を楽しむことが出来ます。

東福寺へのアクセス

電車の場合はJRまたは京阪本線「東福寺駅」から徒歩約10分。または市バス「東福寺」下車で徒歩約10分です。車の場合は、名神高速「京都南IC」より約4km。名神高速「京都東IC」より約7km。または、阪神高速8号「京都線IC」から約1kmです。紅葉時期は混雑するため、東福寺の駐車場は駐車不可になります。

■スポット詳細
名称:東福寺
所在地:京都府京都市東山区本町15丁目778
定休日:無休
拝観時間:4月から10月末 午前9時から午後4時、11月から12月初旬 8時30分から午後4時
拝観料:通天橋・開山堂 東福寺本坊庭園 一般 400円、小中学生 300円
公式サイト:http://www.tofukuji.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ