上高地の紅葉を一足早く見に行こう!湖面に映る鮮やかな紅葉が見事

  • 1418 |
  • 最終更新:

長野県北アルプスの玄関口、穂高連峰の高原「上高地(かみこうち」は日本を代表する景勝地です。紅葉スポットとしても高い人気を誇ります。標高が1,500mと非常に高いため、甲信越地方では一足早く紅葉の見頃を迎えるのが特長です。

http://tsuiteru-happy-life.seesaa.net/

「上高地」の紅葉と、その魅力

上高地の紅葉植物は、バラ科の落葉高木で鮮やかな赤い葉と果実を成らせる「ナナカマド」や、「東の横綱」と称されるほど美しい黄金色の「カラマツ」、白い幹の「シラカバ」の原生林や、ゴツゴツと曲がった幹が特長的な「ダケカンバ」などです。
また、梓川(あずさがわ)沿いに遊歩道が整備されています。水面が鏡面のように穂高連峰を映し出す「大正池」は、紅葉のシーズンになると素晴らしい景色を眺められます。そのほか上高地のシンボル的存在の木製の吊り橋「河童橋」からの眺めも絶景です。
上高地の周辺には、3色の風景が味わえる「美鈴湖」や「乗鞍高原」、「白骨温泉」などがあります。

「上高地」の紅葉見頃について

上高地は標高1,500mという高い位置にあるため、甲信越地方の中でも一足早く見頃を迎えます。ピークは例年10月中旬頃です。9月下旬から色付きが始まり、10月上旬にはほぼ全種類の樹木が色づきます。
気候によっては例年より早まる可能性がありますので、訪れる際は「松本市アルプス観光協会」や「上高地ビジターセンター」への確認をおすすめします。河童橋からの紅葉、大正池や田代池の湖面に鮮やかに映る上高地の紅葉を楽しみましょう。

「上高地」へのアクセス

【電車の場合】
(大正池)松本電鉄上高地線新島々駅からバス約1時間「大正池」下車徒歩すぐ
(河童橋)松本電鉄上高地線新島々駅からバス約1時間10分「上高地バスターミナル」下車徒歩約5分

【車の場合】
長野道松本ICから国道158号経由沢渡まで約1時間、上高地はマイカー規制のため、沢渡からタクシーまたはバスに乗り換え約30分。駐車場は有料です。

■スポット詳細
名称:上高地
所在地:長野県松本市安曇上高地
料金:無料(駐車場は有料)
公式サイト:http://www.kamikochi.or.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ