チームラボ個展「クリスタルユニバース」開催中!銀座で宇宙散歩に行ってきた

  • 17658 |
  • 最終更新:

東京・銀座のポーラミュージアムアネックスにて、チームラボの個展「Walk Through the Crystal Universe」が開催中です。会期は2015年8月21日(金)より9月27日(日)まで。常に新しいことを生み出し、テクノロジーとアートの融合を見せてくれるウルトラテクノロジスト集団、チームラボの新作です。asoview!編集部員が早速体験してきました!

銀座のどまんなかに宇宙出現

会場となるポーラミュージアムアネックスは、銀座1丁目にあります。地下鉄銀座駅からは徒歩約6分、銀座1丁目駅からは徒歩1分。銀座中央通り沿いにあるので、ショッピングのついでなどにも気軽に立ち寄れそうです。

このビルの3階がポーラミュージアムアネックスです。

エレベーターホールからギャラリーに入ると、いきなりの闇。まずは、今回の作品「Crystal Universe」の説明をチェックします。

今回の作品には、チームラボ独自の「4Dインタラクティブビジョン」が使われています。これは、3次元の動く立体物をリアルタイムで、インタラクティブ(双方向)に立体のまま映しだすことができる技術です。

ギャラリー内には優しい音楽が流れています。目の前に現れたのは、小さな宇宙。星を思わせるきらめきが動き、消え、また現れ、消えていきます。

今回の作品を楽しむためには、スマホが必須。QRコードを読み込み、ブラウザにアクセスします。

アクセスすると、Crystal Universe専用の画面が出てきました。

ここから宇宙を構成する星(エレメント)を選択します。

星を選択したら、タッチしてスワイプ(画面にタッチしたまま指を滑らせる)します。すると、星が生まれ、目の前の宇宙がダイナミックに動きます。

星を選択する画面は、アクセスするたびに変化します。大きな星、流れ星、オーロラ、輪っかのある星などが次々と登場。宇宙の動きは、星によってすべて異なる表現になっています。

星を生む回数に制限はなく、何度でも宇宙の動きを楽しむことができます。宇宙の色は変幻自在。赤、青、白、黄色、ピンク…。自分が考えた通りの色にならないのも、また面白いところです。

光と一体になる、非日常の時間

宇宙の中に入ると、変化をよりダイナミックに感じられます。LEDのライトが瞬時に変化する様子に、思わず見入ってしまいます。音楽、効果音と光に包まれていると、次第に自分がどこにいるんだろう?という不思議な気分になってきます。

宇宙の外からは、星がひっきりなしに送られます。外の人たちが創りだしている宇宙を、中から楽しむという構成です。光が自分の中を通り抜けていくような錯覚を覚えることもあります。

各方面から注目されるチームラボ。8月28日(金)20時からは、チームラボ代表 猪子寿之氏によるアーティストトークも行われます。こちらは無料ですが、当日11時から配布する整理券が必要なのでご注意を。

少しの間でしたが、宇宙を感じられる非日常の時間でした。人気必至のイベントですが、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

イベント詳細
名称:teamlab Exhibition,Walk Through the Crystal Universe
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
開催日時:2015年8月21日(金)~9月27日(日) 会期中無休
開催時間:11:00~20:00(入場は閉館の30分前まで)
料金:無料
公式サイト:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ