ヱビスビール発祥の地で限定ビールを味わう!「恵比寿麦酒祭り2015」が9月18日より開催

  • 5645 |
  • 最終更新:

9月18日(金)〜23日(水・祝)の計7日間にわたって、恵比寿ガーデンプレイスで「恵比寿麦酒祭り」が開催されます。ヱビスビール発祥の地でもある大人の街・恵比寿で限定ビールを楽しめるイベントは、今年で7回目を数える人気イベントです。

www.sapporobeer.jp

「恵比寿麦酒祭り2015」とは?

「恵比寿麦酒祭り」は、かつてヱビスビール工場があったヱビスビール発祥の地・恵比寿ガーデンプレイスで2009年より開催されてきたビールのイベント。「大人の街の麦酒祭り」をテーマに、限定ビールとバラエティ豊かな料理を楽しめる人気イベントです。恵比寿ガーデンプレイス内の「シャトー広場」「センター広場」「時計広場」と「ヱビスビール記念館」の4つのゾーンを会場として行われます。それぞれのゾーンに趣向を凝らしたビール提供や出店があり、カジュアルに、そしてシックにと、さまざまな雰囲気のなかでビールとグルメを楽しむことができます。

ジョエル・ロブションの限定メニューも登場!

今年で7回目となる「恵比寿麦酒祭り」。今回はシャトー広場に「ヱビスプレミアムテラス」が新登場します。ミシュランガイドで多数の星を獲得し「世界一星を持つシェフ」としても名高いジョエル・ロブションによる限定メニューが楽しめます。
メイン会場でもあるセンター広場では、開放的なオープンテラス空間「恵比寿ビヤホール」で、期間限定で発売される「ヱビス冬のコク」を一足先に飲めるだけでなく、こだわりのヱビスビールや東北の復興支援メニューを提供。
時計広場の「フードコート」では、ヱビスガーデンプレイス内の人気店4店が出店するなど、エリアごとにさまざまなテイストのビールとグルメを味わうことができるのです。

飲食以外のイベントも充実!

「SENDAI光のページェント」会場を幻想的に演出

期間中は東北復興を祈念して、仙台の冬を彩る風物詩でもある「SENDAI光のページェント」が会場を演出。19日(土)と20日(日)の両日は、センター広場特設ステージにて、東北の観光や物産にまつわる情報が、クイズやゲームを交えて楽しく発信されます。

大人も子どもも楽しめるイベント満載

ヱビスビール記念館ではヱビスビールの歴史を学べる「ヱビスギャラリーツアー」や、特製ビールがもらえる「ラッキービスを探せ!」などビール好きはぜひ参加したいイベントが開催されます。
子ども向けにはリボンシトロンのキャラクター「リボンちゃんトレイン」や、人気のキャラクターと一緒に写真を撮れる「ふれあい撮影会」などの開催が予定されています。飲む・食べる以外にもバラエティ豊かなお楽しみが用意され、楽しく過ごせます。


■イベント詳細
名称:恵比寿麦酒祭り2015
所在地:恵比寿ガーデンプレイス(東京都渋谷区恵比寿4丁目、東京都目黒区三田1丁目)
営業期間:前夜祭・2015年9月17日(木)本祭・2015年9月18日(金)〜23日(水・祝)
営業時間:前夜祭及び9月18日(金)・17:00〜21:00/本祭・11:30〜21:00(ラストオーダーは各日とも20:30(最終日のみ20:00ラストオーダー、20:30終了))
料金:入場無料
公式サイト:http://www.sapporobeer.jp/area/shutoken/yebisubeerfes/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ