白い砂浜を裸足で踊る楽園。新島「WAX」で海と音楽に酔いしれる極上の夏!

  • 1779 |
  • 最終更新:

夏の間のみオープンする新島名物「WAX」が、今年も9月6日(日)まで開催中です。大都会東京が誇る自然豊かな島であり、世界的なサーフスポットでもある新島を舞台とし、約2カ月間にわたりぶっ通しで行われるビーチラウンジ&音楽フェスティバル「WAX」。忘れられない夏を演出してくれる「WAX」の魅力をご紹介します。

WAX 公式Facebookページ

楽園・新島のビーチパラダイス、「WAX」

新島は、東京から南に約160km、静岡県下田市から南東に36kmの位置にある伊豆諸島を構成する島の一つです。東京からは竹芝桟橋より東海汽船のジェット船で約2時間30分、大型船では約7時間の船旅です。セスナですと、調布空港からわずか30分程で到着する穴場的なパラダイスです。関東屈指のサーフアイランドである新島に上陸してまず感じるのは、まるで外国かと錯覚を起こす程の美しい景色です。澄みきった青い海と青い空は、マリンブルーとスカイブルーという色の意味を実感させてくれます。その青をさらに引き立てているのが、ケイ素を多く含む白い砂です。
そんな白い砂浜と絶好のロケーションの和田浜海岸に「WAX」はあります。約2ヶ月間という驚異的な長さで行われるビーチラウンジ&イベントを堪能できるスポットで、曜日ごとにさまざまなアーティストやDJが出演します。サーフ系のミュージシャンは毎年のようにここを訪れ、ビーチを飾る心地よい音を奏でてくれます。ほかにも、レゲエやスカ、ファンクなど、さまざまなジャンルの音楽がこのビーチラウンジには集まってくるのです。自然と音楽がリンクすることで、豊かな島時間をさらに想い出深いものにしてくれる「WAX」ならではの演出はさすがです。

「WAX」は交流の場、出会いの場

2005年、「新島を盛り上げる」という想いのもと、新島の若者達が立ち上がりました。「WAX」オープンに向けて、流木拾いや重機での作業など、皆自分の仕事を終えてからボランティアで設営に励みました。その努力を経て完成した、ビーチに佇むお洒落なラウンジは、ハンドメイドの温かみと自然素材のワイルド感が印象的です。
「ビーチラウンジを通して今までと違った新島の夜を体感してもらう」といったコンセプトのもと毎夏開催され、今年で11回目の夏を迎える「WAX」。今では、島内外の交流の場として定着しています。日中は海水浴を楽しみ、日没時には美しいサンセットがビーチ全体を染め上げます。夜は星の下で音楽に身を委ねて踊ってみたり、はたまた砂浜に寝転んで音楽を楽しむのも良いですね。

「WAX」目当てに、都会の喧騒を離れて新島へショートトリップしてみてはいかがでしょう。


イベント詳細
名称:WAXビーチラウンジ
所在地:和田浜海岸
営業期間:2015年7 月18日 (土) 〜 9月6日(日)
定休日:月曜日・火曜日(臨時OPENする場合もあり)
営業時間:19:00〜23:00
料金:入場無料

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ