小江戸川越花火大会が2016年8月26日開催!小江戸で粋な思い出を作ろう

  • 2797 |
  • 最終更新:
花火特集2017

2017年8月26日(土)に埼玉県川越市で開催される「小江戸川越花火大会」。会場は毎年「伊佐沼」と「安比奈」で変わり、今年は「安比奈」で開催されます。夏の名残りを惜しみつつ、名物水中スターマインや、BGMと連動した花火、お祝いメッセージ花火など、粋で個性溢れる数々の花火を楽しめます。ここでは小江戸川越花火大会の魅力を紹介します。

情緒溢れる小江戸川越の花火大会

蔵造りをはじめ、江戸時代の城下町の面影を残す小江戸川越。花火大会の前には、文化財や史跡などを訪ねるのがおすすめです。浴衣を来て、街中を歩けばタイムスリップ気分を満喫できます。

日が落ちてきたら花火会場へといざ出陣。小江戸川越の花火大会は、東西2ヶ所で1年ずつ交互に開催している全国でも珍しい花火大会として知られています。今年の開催場所は、JR川越駅西に位置する「安比奈親水公園」。こちらは東京ドーム4個分の広さを誇る公園なので、ゆったりと花火観賞が行えます。

他にも注目なのは、結婚や出産、還暦などのお祝いや、大切な人に伝えたいメッセージを夜空に打ち上げるメッセージ花火です。夜空に舞う言霊は、きっとあなたをハッピーでドラマティックな気分にさせてくれることでしょう。 

小江戸川越花火大会の鑑賞スポットやアクセス方法は?

小江戸川越の花火大会の会場である「安比奈親水公園」は、広い敷地面積を誇る公園なので基本的にどこからでも花火が見れます。都会の花火大会のような高層ビルもないので、見切れの心配はありません。また、公園の周りには駐車場もたくさんあり、車が停められないという心配はあまりありませんが、当日通行止めになる道路もあるので気になる方は最寄りの駅から歩いて行きましょう。
会場の安比奈親水公園はR川越線笠幡駅から徒歩約25分でアクセスできます。


■花火大会概要
名称:第27回小江戸川越花火大会
会場:安比奈親水公園(川越市安比奈新田140-1地先)
アクセス:JR川越線笠幡駅から徒歩約25分(安比奈親水公園まで約1.9km)
開催日時:2017年8月26日(土)18:30~19:30
※小雨決行(荒天等の場合は翌日に延期、翌日も同様の場合は中止)
打ち上げ玉数:約6,000発
昨年の人出:13万人(安比奈公園開催時)
駐車場:あり。11130台 ※8月30日(日)に延期の場合は1730台

※打上げプログラムは昨年のものです。詳しくは公式HPをご覧ください

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ