打上げ花火2万発!国内最高峰の「第85回土浦全国花火競技大会」が10月1日に開催!

  • 2137 |
  • 最終更新:

「第85回土浦全国花火競技大会」は、茨城県土浦市で2016年10月1日(土)に開催されます。JR土浦駅下車の桜川畔が会場です。およそ20,000発の花火の打ち上げを予定しており、毎年約80万人の見物客で賑わう関東で最も大きい花火競技大会の一つです。ここでは「土浦全国花火競技大会」の魅力や観賞スポットをご紹介していきます。

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/

「土浦全国花火競技大会」の魅力

「土浦全国花火競技大会」は、大正14年から続く伝統的な花火競技大会です。始まりは関東大震災後の経済活性を願ったものでしたが、昭和34年から「速射連発の部」として競技部門を設立し、全国の花火師が技を競う場となりました。

特に昭和57年から「スターマインの部」が独立すると、全国の花火師がこぞって出品するようになりました。花火師の誇りと名誉をかけた熾烈な競争により、土浦の花火はますます魅力を増し、知名度も全国的なものとなっていきました。

土浦の花火大会は、「スターマイン日本一」を決める大会ともいわれています。数百発の多種多様な花火を組み合わせ、テンポよく夜空を彩るスターマイン。花火師たちはこの日のために「土浦仕様」のスペシャルスターマインを用意してきます。職人の意地と意地のぶつかり合いが美しい花火となって夜空に現れます。どの花火が一番好きか見ながら表彰の結果を楽しみに待つ、というのも通の楽しみ方で良いかもしれません。

「土浦全国花火競技大会」の観覧スポットをチェック!

全国でも有数な花火大会をよく見る方法として、オーソドックスな方法としてはとにかく「有料の浅敷席」の中でも良い場所を取ることです。しかし、今年の桟敷席はすでに完売。そこで、できるだけ花火がよく見えるおすすめの観覧スポットをご紹介します。

霞ヶ浦湖畔付近の国民宿舎
地元の人なら必ずここに来る、というほど人気の穴場スポットになっています。
上高津貝塚ふるさと歴史の広場
芝生も広がっており、ゆったりと座って見られます。
イオンモール土浦横の6号バイパス下
花火当日、イオンは休業で立ち入り禁止区域となりますのでご注意ください。

上記はあくまで参考ですので、交通渋滞や他の方への迷惑を掛けないように細心の注意を払って花火をお楽しみください。秋に開催されている関東では唯一の大花火大会ですので、ルールを守って皆で最高の花火を満喫しましょう。

花火大会概要
名称:第85回土浦全国花火競技大会
開催日時:2016年10月1日(土) 18:00~20:30 ※小雨決行、荒天延期
開催場所:JR常磐線土浦駅下車 桜川畔(学園大橋付近)
打ち上げ玉数:20,000発
昨年の人出:55万人
交通アクセス:電車の場合、JR土浦駅より通常徒歩30分
お車の場合、東京方面より/常磐自動車道桜土浦ICより通常10分
(当日は土浦駅西口から会場までのシャトルバス運行)
駐車場:5,000台(無料・有料)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ