秋の京都を巡り尽くす!この秋抑えておきたい3つの"乗り放題"サービス

  • 1268 |
  • 最終更新:

伝統と歴史が息吹く町並みが美しく、国内外において圧倒的な人気を誇る日本を代表する観光地、京都。まもなく到来するシルバーウィークには、京都を訪れる予定の方も多いのではないでしょうか?今回は、そんな京都を徹底的に観光し尽くすための"1日乗車券"にスポットをあて、ご紹介させていただきます。

http://www.kyoto-lab.jp/

その1.市バス・京都バス一日乗車券カード

「市バス・京都バス一日乗車券カード」は、市バスや京都バスの均一運賃区間内のバスに1日何度でも乗れるというものです。かつては「市バス専用一日乗車券カード」だったのですが、新しくこちらのカードになり、利用できる範囲が嵯峨や嵐山まで追加されました。

値段は大人500円、小人(小学生)250円。市バスの料金は、大人230円ですので、3回以上バスに乗る方にはとてもオススメです。そして、なんといっても注目したいのは、この「市バス専用一日乗車券カード」の利用範囲。こちらの乗車券1枚で、京都市内の観光地をほぼ網羅できるという京都観光には欠かせない便利アイテムとなっています。

だだし、大原や洛西地区などに行きたい場合には追加料金がかかりますので、ご注意ください。また、こちらの乗車券は、特典として「京都水族館」や「よしもと祇園花月」などで使える優待割引がもらえますので、それらの施設もお得に楽しむことができます。

【利用料金】
大人500円 / 小人250円

 

その2.京都観光一日乗車券・二日乗車券

その1でご紹介した「市バス・京都バス一日乗車券カード」に電車のパスをドッキングさせたのが、こちらの「京都観光一日乗車券・二日乗車券」です。

このカードを利用すると、市バスと京都バス、それに市営地下鉄の全線が一日(二日)乗り放題になります。「市バス・京都バス一日乗車券カード」でカバーできない範囲にも行くことができますので、バスと電車どちらも利用したい方には便利な乗車券となっています。

なお、こちらの乗車券にはガイドマップがついており、そこに京都で利用できる様々な優待特典が付録されています。移動だけではなく、観光スポットの利用もオトクに楽しめるこちらの乗車券も要チェックです。
 

【利用料金】
一日乗車券 大人1,200 円 / 小人600円
二日乗車券 大人 2,000円 / 小人1,000円

その3.京都ひるバス 

乗り放題のチケットは欲しいけど、バスや電車の乗り方を調べるのは大変そう・・・という方におすすめなのが、「京都ひるバス」です。

このサービスは、世界遺産6カ所(金閣寺、銀閣寺、西本願寺、二条城、下鴨神社、清水寺)を含む京都の人気スポットを、約1時間間隔で運行するというもの。そしてその間の乗り降りは自由で、1日何度でも乗り放題となっています。

車内では、京都紹介のナレーションが流れ、楽しみながら次の目的地まで進むことができます。料金も2,100円と手頃なので、初めて京都を訪れる方にもオススメです!

また、あえて降りずにずっとバスに乗るというのも「京都ひるバス」の楽しみ方のひとつ。ナレーションを聞きながら、車窓の外を通り過ぎていく京都の町並みや自然などの風景を楽しむことができます。気になる回遊詳細は下記の通りです。

【運 行 日】
​土曜・日曜・祝日 (12/26 ~ 1/4は運休)

【料  金】
1日乗り放題 大人 2,100円 (税込) / 小人 1,050円

【ナレーション内容】

  • 京の三閣とは、金閣と銀閣と何?
  • 西陣の名前の由来は? 東陣ってあるの?
  • 京都最強の道路は?
  • みたらし団子の団子の数は?
  • 京都の中心は、一条通から九条通のうちのどの通り?


【回遊箇所】
西本願寺、二条城、晴明神社、北野天満宮、大徳寺、下鴨神社、平安神宮、知恩院、三十三間堂、
銀閣寺、金閣寺、八坂神社、高台寺、清水寺

その他詳細は、世界遺産巡り・京都ひるバスの公式サイトで、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は乗り放題乗車券3選をご紹介しました。どれも便利なサービスですが、自分に合ったものでないとせっかくの観光もストレスを感じてしまうかもしれませんので、事前に訪れたい場所などをチェックしたうえで、旅程に合ったサービスを利用するのがオススメです。
 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ