春日部の住宅街「牛島古川公園II期ひまわり広場」に咲く、豪華7品種2万4千本のひまわり

  • 5927 |
  • 最終更新:

夏の花といって、まず思い浮かぶのは「ひまわり」ではないでしょうか。埼玉県春日部市の「牛島古川公園II期ひまわり広場」では、8月の上旬から下旬まで、約2万4千本のひまわりが咲き誇ります。春日部の公園に気軽にお花を見に出かけませんか。ここでは、「牛島古川公園II期ひまわり広場」を紹介します。

blog.goo.ne.jp

牛島古川公園II期ひまわり広場とは?

牛島古川公園II期のひまわり広場は、埼玉県春日部市の大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)沿いを整備して作られました。8月には、太陽の光をたくさん浴びた、満開のひまわりで辺り一面が黄色に染まります。ひまわり広場には観賞台も設置されますので、少し高い位置からも、ひまわりが見渡せます。毎年、多くのひまわりファンが訪れる人気のスポットです。

牛島古川公園II期ひまわり広場の魅力とは?

ひまわり広場は、東武野田線(アーバンパークライン)の「藤の牛島駅」から、南西方面に徒歩約15分の場所にあります。駅から川沿いを歩いて行くと、少しずつ目に飛び込んでくるひまわりカラー。広場に咲くひまわりは豪華7品種。ハイブリットサンフラワー、F1サマープリーズ、ダブルシャイン、バレンタイン、F1ダブルクイック、プラドレッド、ロシアヒマワリとなっています。小規模なひまわり畑ながらも、品種が多いのでなかなかの見応えがあり、個々の品種の違いを見比べることができるのが楽しいです。隔年ですが、5月にはポピー、10月にはコスモスが開花し、こちらも訪れる人を癒してくれています。

ひまわり迷路が併設!子どもとのお出かけにもおすすめ

ひまわり広場に隣接して、ひまわりの迷路があります。こちらはちびっ子達に大人気。エンゼル・ドームには、3種の滑り台、ブランコなどの遊具も揃っています。春日部といえば「クレヨンしんちゃん」の舞台となっていることが有名。エンゼル・ドームの前には、「クレヨンしんちゃん」のモニュメントがあります。
また、遊歩道が整備されていますので、日常のお散歩やジョギングコースとしてもオススメです。美しい黄色のじゅうたんを見れば、暑さもきっと吹き飛ぶにちがいありません。

牛島古川公園II期ひまわり広場へのアクセスは?

牛島古河公園II期ひまわり広場へはバス、または車でアクセスが可能です。
【バスの場合】
春日部駅(東口)より、関宿中央ターミナル行きに乗り「樋堀西」下車、バス停からは徒歩約10分です。

【自家用車の場合】
国道4号「一宮交差点」を松伏方面へ、八幡橋を渡ったところを右折し、川沿いを約500m進んだ所です。駐車場は開花時期のみ40台分が用意されています。

■イベント詳細
名称:牛島古川公園II期ひまわり広場
所在地:埼玉県春日部市牛島493-1
営業期間:8月上旬~中旬
営業時間:8:30~17:15
料金:入園料・駐車料金ともに無料
電話番号:048-746-1111(春日部市公園緑地課管理担当)
公式サイト:
http://www.city.kasukabe.lg.jp/kouen/shisei/shisetsu-annai/kouen/005.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ