【8月21日・調布“夏”花火】音楽と花火のコラボは圧巻!迫力の花火大会を目撃せよ!

  • 4376 |
  • 最終更新:

「映画のまち 調布“夏”花火2016」が8月21日(日)、多摩川河川敷にて開催されます。30年以上の歴史を誇る調布の風物詩として、多くの人に親しまれてきた調布“夏”花火。音楽とコラボする「ハナビリュージョン」は、毎年楽しみにしている人がいる名物演出です。ここでは、そんな花火大会の魅力と観覧スポットをご紹介していきます。

http://hanabi.csa.gr.jp/

映画のまち調布“夏”花火の魅力

映画のまちならではの音楽と花火のコラボレーション

調布市は「映画のまち調布」をアピールするため、他の花火大会とはひと味違った演出をしています。それはハナビリュージョンと呼ばれる演出で、映画音楽と花火をコラボレーションさせ、次々と途切れることなく打ち上げられていく花火が最大の特徴です。音楽は調布がロケ地になった映画のサントラや、その年の流行のものが取り入れられており、あなたがお気に入りの曲と花火がコラボする可能性もあるかもしれません。

どこで見るのがベスト?観覧スポットをチェック!

花火を見ることができる会場は2箇所あります。布田会場では京王線布田駅、国領駅、調布駅、京王多摩川会場は京王線京王多摩川駅、調布駅が最寄駅です。駅からは少し歩きますが、駅からは屋台も出ているので楽しみながら会場に向かうことができます。また、純粋に花火を楽しむなら川崎側の河川敷がおすすめです。

地元民も訪れる!イトーヨーカドー国領店
イトーヨーカドー国領店では、毎年17時から花火大会の終了まで屋上駐車場を無料開放しています。会場からは少し離れますが駅から近く、会場で花火を見ている人たちよりも早く電車に乗れるので混雑を避けることができます。

下布田公園
打ち上げ花火がよく見える穴場です。トイレや水道があるので、お子様と一緒に訪れるにもおすすめです。

川崎側の多摩川河川敷
調布側の河川敷は有料席となっていますが、川崎側では自由に席を確保することができます。風向きの関係で花火の煙も流れてこない年が多く、穴場スポットです。席の確保は夕方までに済ませるほうがいいでしょう。

調布クレストンホテル
調布駅から徒歩1分の調布クレストンホテルでは、スパークリングワインなどがついた花火鑑賞プランが用意されています。ゆっくり花火を楽しむなら宿泊もおすすめです。

花火大会概要
名称: 映画のまち 調布“夏”花火2016(第34回調布花火)
開催日時:平成28年8月21日(日)
時間:開会式  18:30~(予定) 打ち上げ 18:50~19:50(予定)
開催場所:多摩川河川敷 (二ヶ領上河原堰付近)
打ち上げ玉数:約8,000発
昨年の人出:約35万人
交通アクセス:【布田会場】京王線布田駅または国領駅より徒歩20分、調布駅より徒歩25分
【京王多摩川会場】京王線京王多摩川駅より徒歩10分、調布駅より徒歩20分
駐車場:無
公式サイト:hanabi.csa.gr.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ