脱出できるか!?東大農場のひまわり畑で、ひまわり迷路に挑戦!

  • 7487 |
  • 最終更新:

8月12日(水)から28日(金)にかけて一般公開される、東大農場のひまわり畑。ひまわりで作られたひまわり迷路を楽しめます!約1000平方メートルの畑に植わった約2500本のひまわりが、迷路を作り出しています。背の高いひまわりが生い茂り、目線の低い子供は見上げるような迫力に圧倒されてしまいます。真夏に輝くひまわりを堪能しながら、迷宮を歩きましょう。

東大農場のひまわり畑とは?

平成24年度から始動している、東大生態調和農学機構と西東京市が共同で取り組む「ひまわりプロジェクト DE OIL」。ひまわりを種から育て、油を収穫するまでを体験できる、西東京市の市民向けプロジェクトです。このプロジェクトの一環として、夏の時期にひまわり畑の迷路を制作して公開しています。3年前から始まったこの迷路は、すっかり市民の夏の楽しみになりました。

毎年異なる構造のひまわり迷路にワクワク!

ひまわり畑に作られた迷路は毎年異なるため、来るたびに新しい発見があります。ひまわりをかき分けて進むような感覚は、迷いながらも、ワクワクする様な面白さです。間近に生い茂る大きな葉っぱ、太陽を向いて咲く花を楽しみながら、夏の思い出をつくれますよ。ひまわり迷路の近くでは、トラクターの展示や農作物の販売も不定期で開催しています。地元ならではの新鮮な野菜などを購入できます。

農業の歴史を学べる「農場博物館」も無料に

ひまわり迷路の開催期間中の午前10時15分から午後2時45分は、東京大学の農場博物館を無料で開放しています。実物を展示したトラクターの歴史や、教草(おしえぐさ)と呼ばれる、衣食住に関わる原材料や作り方を記した江戸書物などのコレクションを展示しています。農学部の歴史だけでなく、今日まで生活を支えてきた農具などを歴史の観点から知ることができ、今までの視点を切り替えるきっかけにもなります!夏休みの自由研究テーマで悩んでいる時の参考にもなるかもしれません。


イベント詳細
名称:東大農場ひまわり畑 ひまわり迷路
所在地:東京都西東京市緑町1-1-1(東大生態調和農学機構) 
営業期間: 2015年8月12日(水)~28日(金) ※土・日・月は休み※雨天は休止
営業時間:9:30~16:00
料金:無料
アクセス:西武新宿線「田無」駅北口より徒歩8分
電話番号:西東京市生活文化スポーツ部協働コミュニティ課 042-464-1311
公式サイト:西東京市Web http://www.city.nishitokyo.lg.jp/
東大生態調和農学機構 http://www.isas.a.u-tokyo.ac.jp/detail/index.php?id=140

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ