「熱帯の奇妙な生きものたちの世界」展が東京都江東区の夢の島熱帯植物館で開催中!

  • 1760 |
  • 最終更新:

東京都江東区の夢の島熱帯水族館で8月22日(土)まで「熱帯の“奇妙な生きものたち”の世界」が開催されています。熱帯の不思議な生きものや、少し怖い捕食の世界などを垣間見ることができるこの展示は夏休みの自由研究に役立つこと間違いなし。夏の一日、普段はあまり触れることができない熱帯について学んでみませんか?

check.aelde.com

夢の島熱帯植物館の夏の特別企画「熱帯の“奇妙な生きものたち”の世界」とは

会場には、鮮やかな色彩や不思議な形の動植物が一堂に会します。虫を捕る罠を仕掛けて待ち構える食虫植物、アマゾンに生息するピラニアや、ウーパールーパー、美しい昆虫たち、古代よりその姿を変えずに生きている爬虫類など、日本では見ることの出来ないさまざまな生きものたちを見られるチャンスです。珍しい動植物は、子ども達に夏の自由研究にヒントを与えてくれることでしょう。

生物について学べる体験型イベントに参加しよう

事前に予約をすれば、食虫植物の捕食実験や昆虫の標本作りなどを体験するイベントに参加することが出来ます。捕食実験では、食虫植物が虫をとらえるためにもつ体の仕組みについて学ぶことができ、また実際に虫をあたえてとらえるところを観察することも出来ます。
標本作りでは、昆虫の観察の仕方から、標本制作の方法までを楽しく学習でき、実際に蝶やカブトムシを使った標本を作ります。他にも様々なイベントが夏休み中は随時開催されていますので、お出かけの際は公式ページでイベントのスケジュールをぜひチェックしてみてください。

夜間開館とさまざまな特別イベント

夢の島熱帯水族館では、「熱帯の“奇妙な生きものたち”の世界」のほかにも見所がいっぱいです。この時期満開になるひまわり畑、また熱帯スコール体験なども開催されます。
夏休み期間の週末には夜間開園が行われます。通常夕方5時までの開館時間が夜の8時半まで延長され、普段とは違う熱帯植物園を体験するチャンスです。夕方6時から始まる「夜の温室開放」では、いつもは見られない夜の熱帯植物を観察出来ます。夜にしか咲かない花の展示や、ボランティアによるナイトガイドなども開催される予定です。

■イベント詳細
名称:熱帯の「奇妙な生きものたち」の世界
所在地:夢の島熱帯植物館 江東区夢の島2-1-2
営業期間:2015年7月22日 (水) ~ 2015年8月30日 (日)
        月曜休館(祝日の場合は翌日) ※最終入館は16:00まで
営業時間:9:30 ~ 17:00 ※最終入館は16:00まで
         夜間開館日は20:30まで(最終入館20:00)
料金:入館料のみ必要 入館料:一般250円 65歳以上120円 中学生100円
電話番号:夢の島熱帯植物館 管理事務所 03-3522-0281
予約制のイベントの申し込みも管理事務所まで(受付時間:9:30~17:00)
公式サイト:http://www.yumenoshima.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ