ひまわり摘み取り自由!赤花そばの郷ひまわり畑で「夏」を持ち帰ろう

  • 3823 |
  • 最終更新:

夏の訪れを知らせる太陽の花、ひまわりが開花全盛期を迎えます。兵庫県豊岡市但東町では、今年も「赤花そばの郷ひまわり畑」が開催されます。見頃は8月上旬~中旬頃です。明るく元気な気持ちにさせてくれる、但東のひまわりを見に行きませんか。

facebook.com/tantosilk

赤花そばの郷ひまわり畑とは?

豊岡市但東町にある地域活性化センター「赤花そばの郷」。こちらは、地元産の自家栽培そば粉100%の赤花そばが名物で、そば打ちなども体験出来る施設です。その横に広がる「赤花そばの郷ひまわり畑」には、40アールの土地に50万本のひまわりが一面に咲き誇ります。のどかな里山の風景をバックに咲く鮮やかなひまわり畑は、ため息が出るほどの絶景です。趣のある日本の夏を実感できますよ。
「赤花そばの郷ひまわり畑」は期間中入園無料で解放されているうえに、なんと、ひまわりを自由に摘み取ることもできます。専用ばさみの貸し出しまである親切さ。お気に入りの夏の思い出を、そのまま自宅に持ち帰ることができますよ。一度は訪れてみたい、人気の名所です。

あわせて行きたい、たんとう花公園のひまわり畑

「赤花そばの郷ひまわり畑」付近にある「たんとう花公園」は、チューリップの名所として有名なスポットです。チューリップのシーズンが終わった夏には、「赤花そばの郷ひまわり畑」と共にひまわりが30アール作付けされます。大輪を咲かせる夏の花は、春の花に負けず劣らず美しく見事です。「たんとう花公園」の入園料は200円で、こちらもひまわりを摘み取り持ち帰ることができます。

見学は午前中がおすすめ

夏の光を浴びて、太陽を見上げて咲くひまわり。黄金のじゅうたんのように広がるひまわり畑は、見ているだけで元気をもらえます。カメラを手に、遊びに行ってみてはいかがでしょう。ちなみに、見学は午前中がベターです。東を向いた花に光が当たって美しく、撮影も逆光にならないのでオススメです。

イベント詳細

名称:赤花そばの郷ひまわり畑
所在地:兵庫県豊岡市但東町赤花159-1
開催期間:2016年8月6日(土)~8月16日(火)予定 ※開花状況次第
開催時間:9:00~16:00
料金:無料
電話番号:但東シルクロード観光協会 0796-54-0500
公式サイト:http://tantosilk.gr.jp/spot/3930

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ