ココロとお腹を満たしてくれる「東京ごはん映画祭」開催。人気レストランとのコラボも!

  • 2055 |
  • 最終更新:

2015年10月31日(土)から11月13日(金)までの14日間、“映画”と“ごはん”をこよなく愛する人の為のイベント「第6回東京ごはん映画祭」が開催されます。場所は、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムや、青山・表参道を中心とした都内のレストランです。回を重ねるごとに注目度が高まってきている、こちらのイベントをご紹介します。

fashion-press.net

第6回東京ごはん映画祭とは?

レストランで映画を観ながら、食事を楽しむことができる東京ごはん映画祭。人と食のつながりが丁寧に描かれ、ごはんのシーンが印象的な作品をセレクトし上映されています。レストラン上映会など、意外な組み合わせのスタイルが好評で、年々参加者も増え続けています。

美味しい食事とピッタリの映画で、素敵な時間を過ごそう

好評のレストラン上映会は、今年は更に内容をグレードアップして開催されます。様々なスタイルの飲食店が参加し、その店舗のスタイルにマッチした映画と食の楽しみ方が提案されるのだそうです。昨年の開催でチケットが即完売してしまった、目黒にある「BEARD」や、青山にある「OVE」「stopover Tokyo」といった人気店のほか、新たに話題のレストランでの開催が予定されています。詳細は9月上旬に発表されますので、楽しみに待ちたいですね。また、渋谷のシアター・イメージフォーラムでは、不朽の名作や、近年の話題作、日本未公開作、そして今年はアニメーション映画が初上映されます。映画に集中して観たい人は、こちらの静かな落ち着いた空間で、美味しい映画をじっくりと味わうことができます。

気になる、公開作品は?

先日発表された公開作品ですが、小津安二郎監督作の「麦秋(1951年)」、お店の名物料理が映画のタイトルになった「フライド・グリーン・トマト(1992年)」といった名作がエントリーしています。また、スペイン映画の「朝食、昼食、そして夕食(2013年)」、フランスのコメディ映画「大統領の料理人(2013年)」、「アイアンマン」などで知られているジョン・ファヴローが、監督・脚本・製作・主演を務めた「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(2015年)など、近年のヒット作も公開されます。

イベント詳細
名称:第6回東京ごはん映画祭
会場:シアター・イメージフォーラム(渋谷)、レストラン各所(都内)
期間:2015年10月31日(土)〜11月13日(金)
主催:東京ごはん映画祭実行委員会
オフィシャルパートナー:サン・セバスチャン国際映画祭料金:
電話番号:03-5771-3566
公式サイト:tokyogohan.com
Facebook:ja-jp.facebook.com/TokyoFoodLovers

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ