スヌーピーブーム再到来!? 2016年3月、 六本木に「スヌーピーミュージアム」がオープン

  • 3807 |
  • 最終更新:

2016年3月、東京港区六本木に「スヌーピーミュージアム」が誕生します。こちらは期間限定での開催ですが、2018年9月までと少し長めの期間ですので、余裕を持って出かけられそうです。遠方の方でも、スヌーピーファンならば足を運んでみたいですよね。またスヌーピーを知らない小さなお子さんを連れて出かけても、楽しめる施設になっているようです。

snoopy.co.jp

スヌーピーミュージアムとは?

世界初のサテライト(分館)として六本木に開館する「スヌーピーミュージアム」。館内では、スヌーピーたちが活躍するコミック「ピーナッツ」の原画や、作者のチャールズM.シュルツ氏の初期の作品、また貴重なヴィンテージグッズや資料などが、半年ごとに入れ替えて展示されます。

季節に応じたイベントを開催

敷地内では、様々なモニュメントやユニークな仕掛けが配され、来館者を温かく出迎えてくれます。ハロウィンやクリスマスの時期には、多彩なイベントも開催されるとのことで、こちらも期待に胸が膨らみますね。ミュージアムショップでは、限定品やオリジナルグッズが販売されるほか、カフェでは「ピーナッツ」にちなんだ特別なメニューが登場します。全てにおいてさりげなく、そしてスヌーピーにこだわったサービスが提供されるようです。

シュルツ氏夫人(ジーン・シュルツさん)からのコメント

今回の「スヌーピーミュージアム」誕生にあてて、チャールズM.シュルツ氏夫人であるジーンさんからコメントが寄せられています。「スヌーピーミュージアムが日本に誕生することは、この上ない喜びです。日本の方々にスヌーピーが活躍する「ピーナッツ」そのものに、もっと親しんで頂けたらと思います。この漫画の奥深い魅力や、スパーキー(シュルツ氏の愛称)の知られざる横顔に触れることで、スヌーピーや他のキャラクターをますます好きになって下さることを期待しています。」
とても心のこもった温かなメッセージですね。

今回のプロジェクトは、2013年に森アーツセンターギャラリーで開かれた「スヌーピー展」の成功がきっかけだそうです。今年10月に満65周年を迎える今も多くの人に愛される「ピーナッツ」ワールド。このミュージアムの誕生をきっかけに、新たなスヌーピーファンが増えるのではないでしょうか。

イベント詳細
名称:スヌーピーミュージアム
所在地:東京都港区六本木五丁目6番地
開館:2016年3月~2018年9月(予定)
面積:敷地面積 約3,000㎡、延床面積 約1,500㎡ 
運 営:株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ 
協 力:チャールズ M.シュルツ美術館
公式サイト:http://www.snoopymuseum.tokyo/
Facebook:https://www.facebook.com/SnoopyJapan

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ