世界最大級プールでのイルカパフォーマンスは圧巻!「名古屋港水族館」で海の生き物を見て学ぼう

  • 1458 |
  • 最終更新:

名古屋港水族館は、名古屋港ガーデンふ頭にある公立水族館です。北極から熱帯まで、世界中の様々な海の生き物に会える水族館です。たくさんの海の仲間に会える、名古屋港水族館の魅力を紹介します。 

www.nagoyaaqua.jp

名古屋港水族館の魅力

テーマにそった展示による「学べる水族館」

名古屋港水族館は南館と北館の2つに分かれており、それぞれのテーマ別に生き物を飼育展示しています。
南館は、「南極への旅」がテーマ。地球を縦断する旅の中で出会う生き物を5つの海に分けて紹介しています。日本の海、赤道の海、オーストラリアの水辺、南極の海、深海といったエリア別に住む生き物を見ることができ、環境の変化により異なる生命が生まれることを学べます。赤道の海では優雅に回遊するウミガメを眺めたり、南極の海では、自然に近い環境で暮らすペンギンを見られます。
北館は「35億年はるかなる旅」がテーマです。水中生活に適応しながら知性を発達させたイルカやアザラシ、シャチ、ベルーガなどを展示しています。

世界最大級のプールで、のびのび泳ぐイルカが見られる

名古屋港水族館の北館にあるメインプールは世界最大級の大きさを誇ります。海のような広いプールをと泳ぐイルカたちの姿は、まさに自然そのもの。ダイナミックなパフォーマンスを、大型映像装置と一緒に楽しむことができます。メインプールの下には、同じく世界最大級の水中観察窓があります。水上でパフォーマンスをするイルカが、水中ではどのように動いているのかを観察することができますよ。いつもとは違った姿にワクワクすること間違いなしです!
パフォーマンスを練習するシャチやベルーガの公開トレーニングも随時公開しているので、こちらもチェックしましょう。

ameblo.jp

名古屋港水族館へのアクセス

車を利用する場合
港明ICからは道なり直進、築地口・名古屋港方面へ向かいます。名港中央IC出口からの場合は左折、道なりで築地口方面へ。築地口交差点を右折、直進します。大高IC出口からは道なり、国道23号線四日市方面へ向かいます。築地口ICを出て、築地口交差点を左折直進。

公共交通機関を利用の場合
「名古屋港駅」下車後、徒歩5分です。

■スポット詳細
名称:名古屋港水族館
所在地:名古屋市港区港町1番3号
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間:9:30~17:30(GW・夏休みは20:00まで、冬期は17:00まで)
料金:水族館単独券/大人2,000円、高校生2,000円、小・中学生1,000円、幼児(4歳以上)500円
南極観測船・展望室・海洋博物館との4施設共通券/大人2,400円、高校生2,400円、小・中学生1,200円、幼児(4歳以上)500円
公式サイト:http://www.nagoyaaqua.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ