誰もが魔法を使える?超体感型ミュージアム「魔法の美術館」 さいたまスーパーアリーナで開催中

  • 712 |
  • 最終更新:

さいたまスーパーアリーナで8月31日(月)まで「魔法の美術館~Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム~」開催されています。この夏、新しい光の世界に足を踏み入れてみませんか。ここでは、その魅力について、くわしくご紹介します。

魔法の美術館~Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム~とは?

これまでに全国を巡回し、100万人以上の人々を笑顔にさせてきた人気の展覧会です。最新のテクノロジーと、新進気鋭のアーティストの芸術が一体化したミュージアム。光と影を駆使した不思議な世界に、大人も子どもも夢中になってしまいます。この魔法の美術館では、誰もが魔法を使えるような気分を味わえるのです。出展作品の中から、特におすすめの展示を紹介します。

光が溢れ出す「七色小道」

「七色小道」は、歩くだけで様々な光があふれ出し、他の人が出す色と混ざり合い、その時だけの道ができるという不思議な通路です。形を変えながら消えていくので、2度と同じ絵を見ることはできません。そこにいる人のステップで、七色の光を生み出す不思議なハーモニー。子どもは夢中になって、何度も何度も歩き続けてしまいそうですね。

navitime.co.jp

鏡に映った自分が踊りだす!?「Dancing Mirror」

「Dancing Mirror」は、スクリーンの前で自由に動いた動作が記録され、少し後に音楽とともにスクリーンに映し出されます。自分の姿に「あれっ勝手に動き出した?ダンスを踊っている?」と、つい見入ってしまうのではないでしょうか。

artgene.net

何も書かれていない本に物語が展開する!?「がそのもり」

「がそのもり」は、世界中の童話や昔話を、最小限のピクセルで描画したアニメーション作品です。何も書かれていない小さな本をスクリーンとして持って、室内を歩き回ることで物語の続きをたどっていきます。何も書かれていない本に、いったいどのような物語が映し出されるのでしょうか。

kansaiartbeat.com

■イベント詳細
名称:魔法の美術館~Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム~
会場:さいたまスーパーアリーナ4F TOIRO(さいたま市中央区新都心8)
会期:2015年7月17日(金)~8月31日(月) ※会期中無休
開場時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
入場料:
一般・大学生:前売券 1,100円、当日券 1,300円
中・高校生:前売券 500円、当日券 700円
3歳~小学生:前売券 300円、当日券 500円
親子ペア券:前売券 お取り扱いなし、当日券 1,500円
※全て税込です。
※親子ペア券は「一般・大学生」券と「3歳~小学生」券、各1枚ずつのセットです。
会場窓口限定で発売中
※15名以上の団体のお客様は、当日会場窓口にて前売券料金でご入場いただけます。
※コミュニティアリーナで7月27日(月)から8月22日(土)まで開催の「からだのふしぎ大冒険」の半券をご提示の方は、100円引きで当日券をお求めいただけます(1枚につき、お一人、1回限り)。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ