富士急ハイランド「リサとガスパールタウン」に富士山を望む贅沢なスイーツカフェがオープン

  • 3261 |
  • 最終更新:

「FUJIYAMA」や「ドドンパ」などの絶叫マシーンで有名な、山梨県富士吉田市にあるテーマパーク「富士急ハイランド」。その敷地内にある「リサとガスパールタウン」に、スイーツカフェ「Les Reves Salon de the」 (レ レーヴ サロン・ド・テ)が8月12日にオープンしました。まるでパリの劇場に来たような優雅な店内で、パティシエ特製のスイーツやアフターヌーンティを楽しめます。

facebook.com/lavilledegaspardetlisa

「Les Reves Salon de the」 (レ レーヴ サロン・ド・テ)とは

どの席からも富士山を正面に眺めることができるという贅沢なカフェ。訪れる全ての女性が楽しめるよう、本物にこだわったスイーツが種類豊富に用意されています。イートインコーナーでおすすめは、フルーツサンドやキッシュ、ミニケーキ、マドレーヌやマカロンといった女性に嬉しいスイーツがたくさんのった「3段スタンド」と、紅茶のセットです。見た目もかわいらしく、休憩や、食事後のデザートにぴったりです。
また、同カフェに併設したパティスリーブティックでは、カフェで提供されるスイーツや紅茶などがテイクアウトできるほか、ショコラやコンフィチュールなどのパティシエ特製スイーツも購入することができます。中でも「シャンティワッフル」は、片手で気軽に持ち歩けるスイーツとしてテイクアウトにおすすめです。

リサとガスパールタウンとは

リサとガスパールとはアン・グットマンとゲオルグ・ハレンスレーベン作の人気の絵本「リサとガスパール」。パリに住む「リサ」と「ガスパール」という、犬でもなければうさぎでもないちょっと不思議で仲良しなふたりを描いた、キュートなお話です。絵本のほかにも種類豊富なグッズが販売されており、日本にも多くのファンがいる人気のシリーズです。
そんな「リサとガスパール」をモチーフとした「リサとガスパールタウン」は富士急ハイランド内に作られた入園料無料の施設。今年の夏で開設3年目となります。
リサとガスパールのグッズが豊富に揃うショップや、原作者のゲオルグさんのアトリエを再現したミュージアムのほか、絵本の中に入ったような気分になれるリサとガスパールのそれそれの「おうち」や、エッフェル塔のカルーセル(有料)など、見どころ満載のエリアとなっています。また、ご紹介したカフェ「Les Reves Salon de the」以外にも、レストランや、オリジナルクッキーが買えるパティスリーなど休憩スペースが揃っており、心もお腹も満たしてくれます。
また、カルーセルのある「エッフェル塔広場」が全面リニューアルされ、花畑や噴水がより綺麗になりました。夜には幻想的で美しくライトアップされますので、デートにもおすすめです。


■スポット詳細
店舗名:「Les Reves Salon de the」 (レ レーヴ サロン・ド・テ)
所在地・営業時間:富士急ハイランド隣接の「リサとガスパール タウン」内、8:30~17:30
料金:「リサとガスパール タウン」は入園無料です。※富士急ハイランドへの入園は、別途料金がかかります。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ