日本最大級のうどんイベント「うどん天下一決定戦2015」が8月28日より代々木公園にて開催

  • 4372 |
  • 最終更新:

全国から種類豊富なこだわりのうどんが集まり、その頂点を決めるイベント「うどん天下一決定戦2015」が、8月28日〜30日の3日間、代々木公園のB地区イベント広場にて開催されます。うどん界の頂点を選定する審査員は、なんとイベントに来場するお客さん全員。美味しく食べて、自分のお気に入りのうどんを見つけてください。

facebook.com/udongrandprix

お客さん参加型の審査が楽しい!

当日は、会場内に店舗ごとにブースができます。気になるブースでうどんを注文し、そこで一緒に「投票券」を受け取ってください。うどんを食べ終わった後に、会場内にある投票エリアへ行き、「大満足」「満足」「やや不満」と書かれた投票ボックスのどれかに、その投票券を入れてください。イベント終了後にお客さんの投票ポイントを集計して、そのポイントの平均点によって「うどん天下一」を決定する、という仕組みです。どのうどんが天下一になるのか楽しみですね。

日本各地から15店舗が出店!

「うどん天下一決定戦2015」には、全部で15店舗が出場予定です。
東京からは6店舗。虎ノ門ヒルズにも出店している創作うどんの名店「あんぷく」からは「明太子うどん」、表参道などに店を構える「千吉」からは一番人気の「カレーうどん」、東京都武蔵野地方の郷土料理を扱う「小平うどん」から「肉汁うどん」、伝統製法で作られた手延べうどんで有名な「味の民芸」からは「肉すきうどん」、コシのある手打ちのネジれ麺が特徴の「武蔵野うどんじんこ」からは暑い夏にぴったりな「ネバトロ月見うどん」、2015年3月にオープンしたばかりの「肉つけうどんうつけ」からは「肉つけうどん」と、非常にバラエティ豊かです。
そのほか、2015モンドセレクションにおいて金賞を受賞したという岡山県「ふるいち」の「倉敷うどんぶっかけ」や、麺-1グランプリの第1回第2回と連続で優勝し殿堂入りを果たしたという群馬県「原田製麺」の「板倉きゅうりの冷汁うどん」、これが最後の参戦となる昨年の優勝者群馬県「花山うどん」の「鬼ひも川」など、注目したいうどんが満載です。
夏でもすっきりさっぱりと食べることができて、リーズナブルに楽しめるうどん。ぜひ足を運んでみてくださいね。

■イベント詳細
名称:うどん天下一決定戦2015
所在地:代々木公園B地区イベント広場(渋谷区代々木神南二丁目)
営業期間:8月28日 (金) 〜30日 (日)  
営業時間:2015年 8月28 日(金) 12:00~18:00、8月29日(土) 10:00~20:00、8月30日(日) 10:00~17:30
料金:比内地鶏の冷やし坦々うどん じゅんさい添え 500円 ほか

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ