【10月31日より】 「村上隆の五百羅漢図展」開催。大迫力の全作品日本初公開!

  • 2126 |
  • 最終更新:

アーティスト村上隆氏の個展「村上隆の五百羅漢図展」が、2015年10月31日(土)から2016年3月6日(日)まで、森美術館で開催されます。日本国内では、2001年以来14年ぶりとなる村上隆氏の大型個展とあって、早い時期から話題をよんでいます。

村上隆の五百羅漢図展とは?

日本が生んだ世界的なアーティスト村上隆氏は、国際的評価の高い現代美術作家の1人です。今回の個展は、村上氏の近年の活動を紹介するもので、全てが日本初公開の作品です。

《五百羅漢図》(部分)2012年 アクリル、キャンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵
(c)2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

超巨大絵画「五百羅漢図」

見どころは、絵画史上最大級にあたる全長100メートルの超大作「五百羅漢図」。こちらの作品は、東日本大震災の際、支援の手をいち早く差し伸べてくれたカタールへの感謝の気持ちを込め制作、震災の翌年にドーハで発表されたものです。

《五百羅漢図》 2012年 アクリル、キャンバス、板にマウント 302 x 10,000cm 個人蔵
展示風景:「Murakami - Ego」アル・リワーク展示ホール、ドーハ、2012年 撮影:GION
(c)2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

江戸時代、安政大地震の混乱した環境の中でも創作に挑んだ狩野一信や長沢芦雪に触発された村上氏。日本国内の美大生からスタッフを募り、村上氏の指揮のもと、短期間で一気に制作するスタイルで仕上げました。人間の生死や限界をテーマに、中国の古代思想で東西南北の方位をつかさどる4つの神(青竜、白虎、朱雀、玄武)の名を冠した4面で構成されています。これまでの村上氏の作品とは一線を画した、新たな境地を示す大作となっています。

他に、今回の個人展のために手がける「727」や「Tan Tan Bo」の最新作、現在まで10年近い歳月をかけ、今なお制作に取り組んでいる「宇宙の産声」など、驚くべきスケールの村上氏の芸術の世界が披露されます。

《宇宙の産声》 制作中
ミクスト・メディア 420 x 293.5 x 230cm
Courtesy Gagosian Gallery, New York
(c)2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

関連情報

同展に関連して、2016年1月30日(土)から4月3日(日)まで、横浜美術館では「村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで―」が、増上寺宝物展示室では、狩野一信が幕末に描いた「五百羅漢図」の特別展も開催される予定です。

イベント詳細
名称:村上隆の五百羅漢図展
所在地:森美術館(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階)
会期:2015年10月31日(土)~2016年3月6日(日)
開館時間:10:00~22:00、火曜日は10:00~17:00
※11月3日(火・祝)は22:00まで
※いずれも入館は閉館時間の30分前まで。会期中無休
料金:一般1,600円、学生(高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円

【前売り券情報】
「村上隆の五百羅漢図展」通常前売り券と早割ペア前売り券を販売中です。
前売り券 10月30日(金)まで販売
料金:一般1,400円、学生(高校・大学生)1,000円、子供(4歳~中学生)500円
早割ペア前売り券 8月31日(月)まで販売
料金:一般2,500円(2枚1組)
前売り 音声ガイドセット券 9月1日(火)~10月30日(金)まで販売
料金:一般1,800円、学生(高校・大学生)1,400円、子供(4歳~中学生)900円
前売り グッズセット券 9月1日(火)~10月30日(金)まで販売
料金:一般1,600円、学生(高校・大学生)1,200円、子供(4歳~中学生)700円
公式サイト:http://www.mori.art.museum/contents/tm500/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ