日本初上陸!雪のようなふわふわ食感の「シンガポール・スノーアイス」が銀座に登場!

  • 2732 |
  • 最終更新:

シンガポールで大人気の、新タイプのかき氷「シンガポール・スノーアイス」が、この夏日本に初上陸しました。銀座に日本初出店したシンガポール発のハイエンドカジュアルレストラン「tcc Cafe & Restaurant」で味わうことができます。これまでのかき氷の常識をくつがえす、新たなスイーツ「シンガポール・スノーアイス」の魅力を紹介します。

シンガポール・スノーアイスとは?

シンガポール・スノーアイスの正体は、フルーツやミルク・抹茶などの味がついている氷を、専用の機械で薄く削って、盛り付けたアイスクリームのこと。人気の秘密は、口に含むとふわっと雪のように溶けていくところです。非常にきめ細かなかき氷で、盛り付けた状態では溶けにくいのが特徴。カキ氷よりもリッチで、アイスよりサッパリとした食感の不思議なスイーツです。

「tcc Cafe & Restaurant」が日本初出店

「シンガポール・スノーアイス」は、「tcc Cafe & Restaurant(ティー・シー・シー カフェ アンド レストラン)」の日本第1号店となる東京・銀座店で味わうことができます。「tcc」は、シンガポールでも有名な、ハイエンドカジュアルレストラン。オススメのローカル・カフェチェーンとして、ガイドブックに名を連ねるほど人気のお店です。東京・銀座店は、シンガポールの「tcc」スタイルをそのままに実現。カジュアルな雰囲気の中、3F「Café & Restaurant」では、おいしいドリンク&食事が楽しめます。また4Fの「Steak & Seafood」では、落ち着いた雰囲気の中、ステーキ&シーフードメニューを味わえます。気取らずに通える貴重なお店が、また増えそうですね。

フレーバーは本国で大人気の3種類

提供されるフレーバーは、シンガポールでも大人気の「マンゴー」「抹茶白玉小豆」「ミックスベリー」の3種類。それぞれ、ナタデココや白玉などがトッピングされ、見た目にも美しいスイーツです。ボリューミーな見た目とは違って、味はサッパリと甘味ひかえめですので、女の子でも1人でペロリと食べきれてしまいます。この夏ぜひ、新食感スイーツデビューしてみませんか。

■商品情報
商品名:シンガポール・スノーアイス 全3種
フレーバー:マンゴー、抹茶白玉小豆、ミックスベリー
価格:890円(税込 961円)

■スポット詳細
名称:tcc Cafe & Restaurant(ティー・シー・シー カフェ アンド レストラン)
所在地:東京都中央区銀座5丁目9-1 銀座幸ビル 3F
アクセス:東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 「銀座駅」A5出口1分
JR山手線「有楽町駅」徒歩7分 都営地下鉄 浅草線「東銀座駅」A1出口1分
営業時間:10:00〜22:00(21:00 L.O)定休日なし

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ