「布引風の高原」は約20万本のひまわりと風車が織りなす貴重な景色が魅力。祭りも開催!

  • 6254 |
  • 最終更新:

郡山布引にある風の高原で、「布引風の高原まつり」が8月21日(日)に開催されます。例年8月下旬に見頃を迎えるひまわりが、4ヘクタールの畑に約20万本咲いている光景はあっと息を飲むほど。そこに風力発電の風車が加わり、ここでしか見れない貴重な風景が広がっています。ここでは、風の高原の夏の風物詩「ひまわり畑」と「布引風の高原まつり」についてご紹介していきます。

日本一の規模を誇る風力発電、布引風の高原

福島県郡山市湖南町。猪苗代湖の南に位置するここは、日本一の規模を誇る風力発電の地としても知られます。高さ100メートルもの風車が33基立ち並び、高原の景色に迫力を添えています。また、標高1,000メートルの高原にはいつでも気持ちのいい風が吹き、猪苗代湖と磐梯山を一望できる素晴らしいロケーションが特徴です。夏の時期には風力発電の足元に黄色いひまわりが広がり、景色をより美しく引き立たせてくれます。

urabandai-kougen.com

涼しげな風を浴びながらひまわりが咲く高原を歩こう

風と緑の高原は、ウォーキングにピッタリ。ゆっくりと歩きながら花を楽しめます。強い日差しの中を風がそよぎ、なんとも心地よい空間です。8月30日(日)には「布引風の高原まつり」が行われ、ひまわりの中をのんびりと歩く「布引高原ひまわりウォーク」や、高原野菜収穫などが楽しめます。

8月中旬から9月上旬にかけてコスモスも楽しめる

見頃を迎えるひまわり畑と一緒に、秋のコスモスの花も楽しめます。赤や白のコスモスとひまわりの黄色のコントラストが美しく、それは一見の価値あり。ひまわりやコスモスだけでなく、春から秋にかけ、鮮やかな花々が風の高原を染めます。5月下旬からは菜の花が、6月中旬から下旬にはヒナゲシの花が咲き、夏のヒマワリとソバの花、秋にはコスモスと赤く染まる紅葉も見物です。自然の中でゆっくり深呼吸できる場所で、夏の思い出づくりをしてみませんか?

イベント詳細
名称:郡山布引 風の高原 ひまわり畑
所在地:福島県郡山市湖南町赤津 
営業期間:8月下旬~9月上旬
営業時間:12月~4月は冬期閉鎖
料金:無料
アクセス:東北自動車道郡山南ICから車で45分 
猪苗代磐梯高原ICから40分 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ