大阪で「ひまわり畑」を観るなら「ハーベストの丘」へ!貴重な体験ができるイベントもあります!

  • 3134 |
  • 最終更新:

8月上旬から中旬にかけて、大阪府堺市南区にある「ハーベストの丘」で約6万本のひまわりの花が見頃を迎えます。太陽に向かってまっすぐ伸び、大輪の花を咲かせるひまわりは、みんなが大好きな夏の花。眺めているだけで元気がもらえます。ここでは、「ハーベストの丘」の魅力をご紹介していきます。

myocastoridae.blogspot.jp

ハーベストの丘とは?

ハーベストの丘とは、甲子園球場8個分の広さを誇る、花と緑と動物たちにふれあえる自然公園です。大阪府堺市の南、大阪市内からは車で約45分の場所にあります。

「癒し」のシンボル、カピバラをはじめ、ウサギ、ヤギ、乳牛、馬など、子供たちに大人気の動物がいっぱい。乳搾りや乗馬などの牧場体験も人気です。また、ソーセージ作りやパン作りなどの「グルメ体験」、風鈴の絵付けや貯金箱作りといった「クラフト体験」など、年間を通してさまざまな体験プログラムが充実しており、夏休み期間中には自由研究や工作などの宿題を全力で応援してくれます。

吊り橋を渡ると、6万本のひまわりがお出迎え「ひまわりフェスタ」

園内の吊り橋を渡って右手、ボート池の向こうに、四季折々の花が来園者の目を楽しませてくれる「花畑」が広がります。夏本番にはひまわりが見頃で、その数およそ6万本!「ひまわりフェスタ」と銘打たれたこのイベントでは、黄色い花が夏の青空に映え、清々しくて鮮やかな景観を見ることができます。さらに中旬頃には摘み取り体験も開催予定です。大阪府内でこれだけ広大なひまわりのパノラマが観られるのは珍しく、開花のピークと夏休みが重なることもあって、この時期はたくさんの家族連れで賑わいます。

夏にぴったりのじゃぶじゃぶ広場がオープン!

夏休みが終わる時期まで開かれているのが「じゃぶじゃぶ広場」。こちらは水遊びができる施設となっています。ハーベストの丘はとっても広いので、移動するだけでも暑さが堪えるこの季節、ひまわり畑と水遊びを近くで一度に楽しめるのは嬉しいですね。子供連れの方は、休憩がてらに利用してみてはいかがでしょうか。

■スポット詳細
名称:ハーベストの丘 ひまわり畑
所在地:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405-1
営業期間:見頃時期 2016年8月上旬~中旬 (気温により変動あり)
営業時間: 9:00~18:30
料金:大人(中学生以上) 900円 小人(4才以上) 500円
アクセス:<車>阪和自動車道「堺IC」より7km、府道61号線(泉北2号線)を南(左)へ約15分
<電車>南海高野線または泉北高速鉄道「泉ヶ丘」下車、南海路線バス「ハーベストの丘」行きで約20分
公式HP:http://www.farm.or.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ