【8月22日~25日】向島百花園で風情あふれる虫ききの会。一足早く秋の訪れを感じよう

  • 984 |
  • 最終更新:

「虫ききの会」が、東京都墨田区にある名勝及び史跡である「向島百花園」で8月22日(木)から25日(日)にかけて行われます。虫の声を聞きながら一足早く秋の訪れを感じるという、江戸時代から続いている伝統行事「虫きき」。日本独特の四季の移り変わりとともに庭園が見せる変化の様子や、古くから日本に残る風情を楽しめます。

onaka-ippai.cocolog-nifty.com

秋の訪れを感じる「虫ききの会」

古くは江戸時代から続いている伝統行事で、虫の声を聞きながら少し早めの秋の訪れを感じるという風情溢れる行事です。スズムシを始めとした秋の虫の展示、それらを放虫できる放虫式、絵行灯の点灯や茶会、野草ウォッチングに虫細工教室と、さまざまなイベントが行われます。

スズムシを鑑賞して放虫して秋を先取り

「虫ききの会」では期間中毎日16:00〜21:00の間、売店前の広場でスズムシなどの秋の虫の展示が行われます。普段の生活よりも少し早くスズムシと触れ合って、秋を先取りしてみませんか。また期間中、各日17:00〜17:30には先着40名で放虫式を楽しめます。展示されている秋の虫を自然へと放すことで、きっと心が癒されますよ。

絵行灯の点灯や茶会など、風情を感じるイベントも

期間中毎日18:00〜21:00には「絵行灯(えあんどん)の点灯」が行われます。日没を待って、俳句や俳画の描かれた園内にある35基の絵行灯に明かりを灯せます。また期間中毎日15:00〜20:00には茶会が行われ、向島百花園茶会の先生方によるお点前が披露されます。まさに日本独特の風情を味わうのにはうってつけのイベントばかりです。
8月24日(土)には植物研究家の講師の解説を聞きながら園内の野草を観察する野草ウォッチング、8月25日(日)には野草で虫を工作する虫細工教室も行われます。

イベント詳細
名称:向島百花園「虫ききの会」
所在地:〒131-0032 東京都墨田区東向島3-18-3
営業期間:2015年8月22日(木)〜25日(日)
営業時間:9:00〜21:00
料金:一般:150円 65歳以上:70円 小学生以下:無料
電話番号:03-3611-8705
公式サイト:http://teien.tokyo-park.or.jp/event/130711mukoujimaMushikiki.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ