夏を綾取る四国四大祭りの1つ・さぬき高松まつり花火大会が8月13日に開催!

  • 1797 |
  • 最終更新:
花火特集2017

2016年8月13日(土)、「さぬき高松まつり花火大会」が開催されます。毎年8月12日(金)から14日(日)の3日間開かれる、香川を代表する祭りのメインイベントです。今年で51回目の開催を迎える本花火大会。「花火」と「郷土芸能」のベストコラボを思いっきり味わってみてください。ここでは「さぬき高松まつり花火大会」の魅力やお祭りにふれながらご初回していきます。

さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松の魅力とは?

讃岐路の夏を彩る四国四大祭りの1つ・さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松

毎年8月12日から14日の3日間、香川県の高松市で開催されている複合型レジャーまつりです。さぬき弁で「ものすごく」という意味の「ものっそ」を合言葉に、中央公園・中央通り・サンポート高松をメイン会場に盛大に開催されます。

花火大会はその中日となる8月13日に毎年実施されており、期間中、高松市内には3日間で延べ58万人もの見物客が訪れる、四国香川を代表する大きなお祭りです。

喜舞笑舞(きまいわらまい)~50年の総おどり~

花火大会のほか、中央公園ではタレントライブやカラオケ選手権などもあり、最終日となる14日には中央通りをこまなく練り歩く「総おどり」も祭り恒例のイベントとなっています。今年はその「総おどり」に、地元高松市と提携を結んでいる茨城の水戸市や、滋賀の彦根市、石川の金沢市などもゲストとしておどりに参加する予定です。花火のみならず、四国の玄関口、讃岐路の夏を一気に満喫できるいい機会です。

イベント詳細
第51回さぬき高松まつり花火大会 どんどん高松
開催日時:2016年8月13日(土)20:00~20:50
開催場所:サンポート高松北沖合海上
打ち上げ玉数:8,000発
昨年の人出:27万人
交通アクセス:JR高松駅または高松琴平電気鉄道高松築港駅から徒歩5分、高松道高松中央ICから車で20分 当日は会場周辺で交通規制あり(18:00~22:00)
駐車場:臨時の駐車場を調整中(公式サイト確認)
公式サイトURL:https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/17760.html

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ