山形・鶴岡で第26回赤川花火記念大会開催!豪華絢爛な花火を堪能しよう

  • 最終更新:
紅葉特集2017

山形県鶴岡市で「第26回赤川花火大会」が2016年8月20日(土)に開催されます。有名花火師が選んだ日本花火100選にベスト10入りした屈指の花火大会です。最大打ち上げ幅はおよそ700mと壮大。ここでは、赤川花火大会の魅力と観賞におすすめのスポットをご紹介します。

赤川花火記念大会の魅力

約1万2,000発が空へ上る、花火師たちの渾身の芸術!

山形県鶴岡市の花火大会は、花火師が技術を競い合う「全国デザイン花火競技会」としても開催されています。最高峰の花火師たちが集い、豪華絢爛な花火を楽しめるのが魅力です。

打ちあがる花火は個性があり、繊細で芸術的なものばかり。上げ幅は最大約700mもあり、ほかの花火大会では味わえないワイドな花火が観賞できます。一斉に打ち出された花火を見れば、開いた口が塞がりません!

「紬~心染む、しあわせ花火~」に込めたメッセージ

第26回赤川花火大会のテーマは「紬~心染む、しあわせ花火~」です。赤川花火大会に関わった人すべてが幸せを感じ、後世に語り継がれるようにとの願いが込められています。花火と観客、花火と実行委員会、観客と実行委員会とが経糸と横糸を丁寧につむいで作られる紬のように折り重なることで完成するテーマです。何十年後、何百年後、世代が入れ替わっても続く伝統文化に思いを馳せながら、花火を鑑賞してみてください。

おすすめの観覧スポット!

三川橋周辺

三川橋近辺は臨時駐車場から近い穴場スポットです。鶴岡駅から会場へ向かう人の流れも避けられ、花火もしっかり見えます。

ブルボン羽黒工場近辺

大手菓子メーカー「ブルボン」の工場は、打ち上げ会場を挟んだ鶴岡駅と反対側にあります。人も少なめで、花火を充分に楽しめる場所です。

鶴岡市立朝陽第五小学校グラウンド

会場の真正面にある小学校のグラウンドが花火大会当日に開放。花火を正面から捉える事ができ、人混みもやや避けられるスポットです。

花火大会概要
イベント名:第26回赤川花火大会
開催日:2016年8月20日(土) ※小雨決行
開催時間:19:15~21:00
開催場所:赤川河畔(羽黒橋~三川橋)
所在地:山形県鶴岡市
打ち上げ玉数:約1万2,000発
昨年の人出:約35万人
交通アクセス:
JR鶴岡駅から徒歩30分、山形道鶴岡ICから車で15分、
庄内空港からリムジンバス鶴岡行に乗り40分
※JR鶴岡駅から有料臨時シャトルバス運行。当日は会場周辺で12時から22時まで交通規制あり(予定)
駐車場:3000台無料、一部有料(2000円/1台)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ