筒城浜海水浴場で贅沢に夏を満喫。ハワイ以上に美しい!?長崎随一のビーチ

  • 最終更新:
紅葉特集2017

長崎県壱岐市にある「筒城浜海水浴場」は、地元民もイチオシのビーチです。白い砂浜はサラサラ、海は遠浅・透明で、「沖縄以外でこんなにきれいな海が日本にあったなんて! 」、「ハワイ以上かも」と観光客からも高く評価されています。2016年の遊泳機関は7月16日(土)から8月31日(水)まで。それでは、筒城浜海水浴場の魅力について詳しくご紹介しましょう!

筒城浜海水浴場とは?

筒城浜海水浴場は、長崎県に浮かぶ壱岐島の東側、壱岐空港の北側に位置する全長約600mの海水浴場です。キャンプ場やバーベキュー広場、テニスコート、野外ステージなどが整備された「筒城浜ふれあい広場」に隣接しています。壱岐島に数ある海水浴場の中でも最も活気あふれるスポットです。

筒城浜海水浴場の魅力

「日本の白砂青松100選」や「日本の渚100選」、「日本の快水浴場100選」と、あらゆる100選を総ナメにした名ビーチでありながら、都心に近いビーチのような混雑がないのは「島」ならではのメリット。遊泳区域の外では、バナナボートなどのマリンレジャーも許可されています。

白くてふわふわ。「素足でも痛くない」軽質の天然砂

壱岐島の砂浜はすべて天然です。キメが細かくふわふわした感触で、素足でも痛くありません。小さいお子さんもビーチサンダルを忘れてしまった人も、安心して走りまわることができます。

マリンアクティビティが充実!至れりつくせりの海の家

ビーチ内には3つの海の家があります。軽食やドリンク類が販売されているほか、シュノーケルやパラソル、浮き輪などがレンタルできるのも魅力的です。さらにシャワーやトイレなどの施設も提供されており、さまざまなマリンアクティビティもサポートしてくれます。定番のマリンジェットやバナナボートから、最先端のアクティビティ―「フライボード」まで、ラインナップは多彩!また、問い合わせをすれば港or宿と海の家との間を無料送迎してくれるサービスがあるのも嬉しいポイントです。

筒城浜海水浴場へのアクセス

壱岐島へ渡るには、九州本土から船または飛行機を利用します。壱岐島は長崎県に属しますが、近いのは博多港か唐津です。
博多港からは高速船で約70分、フェリーで約140分。唐津港からはフェリー利用で約100分です。長崎空港からは飛行機に乗り、約30分で到着できます。
壱岐島へ到着したら、印通寺港から車で約10分。郷ノ浦港・芦辺港からは車で約20分です。

壱岐は博多から高速船で1時間10分で簡単にアクセスできます。福岡や佐賀で海水浴場をお探しの方は、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

スポット詳細
名称:筒城浜海水浴場
所在地:長崎県壱岐市石田町筒城東触1916-1
営業期間:2016年7月16日(土)~8月31日(水)
営業時間: 9:00~17:00 ※監視員がいる時間帯
料金:駐車場 無料300台 、 シャワー有料、コインロッカー有料
電話番号:0920-47-3700 (壱岐市観光連盟)
公式サイト:http://www.ikikankou.com/wp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ