新潟で行われるおすすめイベントとは

  • 596 |
  • 最終更新:

新潟へ旅行に行き、観光やレジャーを楽しむのは当たり前ですが、どうせ旅行に行くなら普段経験できないようなおもしろい体験をしたいのではないでしょうか。しかし、旅行時期にどんなイベントをやっているのか調べるのが難しいのも事実です。そこで、今回は新潟で行われているおすすめのイベントを紹介します。

新潟まつり

新潟まつりは、新潟県の新潟市で行われる新潟で最も大きな祭りの一つです。昭和30年に第一回がスタートし、住吉祭・商工祭・川開き・開港記念祭の4つの歴史あるお祭りが1つになり始まりました。毎年8月上旬に行われ、新潟まつりの見どころとしては、日本最大級の大民謡流しと花火大会です。大民謡流しは、総勢14,000人の踊り手が新潟市内を練り歩き、笛や太鼓の音に併せて踊ります。花火大会は、毎年50万人近い人が見物にくる大イベントでバックミュージックとともに打ち上げられる花火は迫力満点で、信濃川のどちらの岸でも楽しめます。新潟のお祭りに参加したいなら、新潟まつりは外せないお祭りです。

にいがた総おどり祭

にいがた総おどり祭は、新潟県の新潟市で毎年9月中旬に行われるお祭りで、300年前に新潟で実在した四日四晩踊り明かす祭りを再現したものです。参加団体は200団体以上で、踊り手として総勢15,000人が参加し、この祭りを見るために合計42万人の観客が訪れます。下駄総踊りは江戸時代の絵巻に描かれていた踊りを復活させたもので、小足駄を履き樽砧のリズムに併せて踊ります。飛び入り参加も可能な踊りのお祭りなので、地元民などと一緒に一つになって楽しみたい人には、おすすめの祭りです。

大地の芸術祭

大地の芸術祭は、新潟県の越後妻有地域で開催されている世界最大規模の芸術祭です。新潟県越後妻有地域の約762平方kmの広大な土地を全てを美術館にとして扱い、アーティストと地域住民が協力し合い作品を作っていきます。3年に1度行わえるこのイベントは、町全体で神秘的な体験をすることができます。芸術がすきな人にはおすすめのイベントです。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ