「新宿オクトーバーフェスト」7月31日より開催!ビールの祭典が歌舞伎町「大久保公園」に登場

  • 3185 |
  • 最終更新:

ビールの祭典と言えば「オクトーバーフェスト」。「新宿オクトーバーフェスト」は東京都新宿区歌舞伎町の大久保公園で7月31日(金)~8月9日(日)まで開催されます。ここではフェスの魅力や、提供されるメニューを紹介します。

facebook.com/shinjyukuoctoberfest

新宿オクトーバーフェストとは?

ドイツ・バイエルン州で1810年以来開催されている世界最大規模のお祭り「オクトーバーフェスト」。東京ドーム9個分もの土地に、数週間掛けて固定式の巨大テントや移動遊園地が設置され、大人から子供まで楽しめるという大イベントです。その中でも中心的な存在なのがビールで、会場には大小さまざまなビールテントが立ち並びます。
ここ数年、日本各地でも開催されおなじみとなってきた「オクトーバーフェスト」ですが、「新宿オクトーバーフェスト」は今年で4回目の開催となります。普段なかなか飲む機会のない本場ドイツの樽生ビールを始め、本格的なドイツのおつまみやスイーツを味わうことができる人気のイベントです。歌ったり踊ったり、ドイツ民族音楽の演奏で気分が盛り上がります。
新宿区歌舞伎町にある大久保公園が会場になります。西武新宿駅からは改札を出てすぐの場所なんどえ、アクセス良好なのが嬉しいポイントですね。

入場無料、支払いはキャッシュオンデリバリー方式

公園いっぱいに座席やビールのテナントが設置されています。入場料は無料です。
「歌舞伎町ルネッサンス! 新宿オクトーバーフェスト」の基本的な支払いスタイルは、キャッシュオンデリバリーです。最初の一杯目の注文時には、ビールグラスのデポジット1,000円とビール代がかかります。2敗目以降はビール代のみで、帰る際にグラスを返すと1,000円戻ってきます。くれぐれも、割らないように注意してくださいね。

新宿オクトーバーフェストのメニュー

さまざまなビールを楽しめるオクトーバフェストですが、今年も魅力的なビールが勢揃いしています。約400年という歴史のある老舗醸造所プランクからは「エクスポート・ドゥンケル」が登場。本場ドイツのオクトーバーフェストの大公式ブルワリーのひとつであるホフブロイハウスの「オリジナルラガー」も楽しめます。新宿で本場オクトーバーフェストのビールが飲めるチャンスです。
他にも、2014年欧州最高醸造所アインガーが日本初上陸で登場するなど、ビール好きならなずとも注目したい銘柄が盛りだくさんです。
ドイツらしいフードメニューも揃っています。手作りジャーマングリルソーセージやカリーヴルストをはじめ、例年人気のメガ盛りムール貝も登場。ビールのお口直しに、ピクルスとザワークラウトの盛合わせもテーブルに用意しておきたいメニューです。
美味しいおつまみをつまんだり、、みんなでワイワイ飲み比べてみたり、お気に入りのビールを探したり、思い思いにオクトーバフェストを楽しんでみてはいかがでしょう。

■イベント詳細
名称:歌舞伎町ルネッサンス! 新宿オクトーバーフェスト
所在地:新宿区歌舞伎町 大久保公園
営業期間:2015年7月31日(金)~8月9日(月)
営業時間:平日16時〜21時、土日12時〜21時
料金:入場無料
電話番号:03-3207-4516
公式サイト:http://www.shinjuku-oktoberfest.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ