【8月15日・あしだ川花火大会】福山の郷土色豊かな祭りのフィナーレは、華麗な花火の競演!

  • 1552 |
  • 最終更新:

広島県福山市で3日間開催される夏の一大イベント「福山夏まつり」が、今年も8月13日から15日にかけて開催されます。最終日に打ち上げられる約1万発もの花火は、盛大な祭りの成功を讃えるものです。ここでは、あしだ川花火大会の魅力とおすすめの鑑賞スポットをご紹介します。

福山市 何もないとは言わせないプロジェクト facebookpage

福山夏まつり2016 あしだ川花火大会の魅力

優雅かつ歴史ロマンを感じる福山夏まつり2016は、8月13日〜8月15日の期間に開催されます。県無形民俗文化財「二上りおどり」から始まり、14日には坂本龍馬の「いろは丸事件」から着想を得た「いろは丸YOSAKOI」で大いに盛り上がります。そして締めを飾る花火は最終日の19時半から打ち上がり、1時間ほどの間に約1万発の花火が福山の夜空に咲き乱れます。

あしだ川花火大会は、広島県内で2番目に多い打ち上げ数を誇り、まつりと合わせて来場する人も多い大会です。来場者も約32万人と大規模かつ、人気です。芦田川両岸の河川敷が観覧席になるので、全身で音と光の迫力を体感できるのも魅力です。芦田川の広い水面と背景の山並みに映える花火の美しさは、福山ならではの演出といえるでしょう。
趣向を凝らしたプログラムの中で一番の見どころは、なんといっても「スカイミュージカル」です。毎年ごとのテーマに沿って、物語性のある花火が音楽と連動し、感動的なステージをつくり上げます。その絶景はまさに天空のスペクタクルショー、一見の価値がありますよ。

福山夏まつり2016 あしだ川花火大会の鑑賞スポット

打ち上げ場所の芦田川付近は周辺に高い建物がないので、どこからでも一応花火は見えます。ここでは、特にオススメの鑑賞スポットをご紹介します。

久松台小学校周辺
久松台に登る坂道にある久松台小学校の周辺道路は、地元の人達の穴場スポットです。花火会場からは直線距離で5㎞ほど離れているので、大きな音は遅れて聞こえてきますが、花火は十分見える場所です。

福山コロナワールド屋上
大型複合娯楽施設なので駐車場も広く、立体駐車場屋上が無料で開放されます。夕方には混み合ってくるので、場所取りは昼前にはしておいた方が良さそうです。

イトーヨーカドー屋上
地元ではよく知られた穴場スポットで、例年屋台も多く出店されることからお祭りムードも楽しめます。しかし、場所があまり広くなく建物で花火がさえぎられてしまう時もあるので、花火の全景は少し見えにくくなります。直線距離では3㎞ほどなので、コロナワールドよりは大きな花火が楽しめますよ。 

花火大会概要
名称:福山夏まつり2016 あしだ川花火大会
開催日時:2016年8月15日(月) 19:30~20:45
開催場所:芦田川大橋上流
打ち上げ玉数:約1万発
昨年の人出:32万人
交通アクセス:JR福山駅から花火大会会場行き有料臨時バスで15分 山陽道福山東ICから車で20分 ※有料駐車場から無料シャトルバス運行。当日は会場周辺で交通規制あり
駐車場:有り。1000円/1台

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ