本場の音楽とフードを楽しむ「カリブ・ラテンアメリカフェス」が代々木公園で8月1日・2日開催

  • 6742 |
  • 最終更新:

年に1度の「カリブ・ラテンアメリカフェスティバル2015」が、代々木公園で8月1日(土)・2日(日)に開催されます。中南米・ラテンアメリカの陽気な唄と踊りがイベントや、本場のグルメやお酒などの屋台を楽しむことができます。意外と知られていない中南米の文化に触れて、カリブ海とラテンアメリカを旅した気分を味わってみませんか。

facebook.com

カリブ・ラテンアメリカフェスティバル2015とは?

今年で3回目を迎えるカリブ・ラテンアメリカフェスティバルは年ごとに知名度を上げ、年々リピーターが増えている注目のイベント。代々木公園イベント広場会場のスペースをフルに使用した今回は、ステージパフォーマンスもブース出店も盛り沢山です。
ステージでは、ジャマイカが発祥のレゲエ、サルサにサンバ、ソカなど世界を代表するカリビアンミュージックが集結。ブースエリアでは、飲食ブースは約30店、物販ブースは約10店ものボリュームで、キューバ料理やメキシコ料理などが味わえます。カリブはビールの他にカクテルも美味しいので、テキーラやモヒートにぜひ挑戦してみてください。お酒を片手に飲んで歌って踊れば、フェス気分が盛り上がること間違いなしです。

参加国が増えて内容も更にパワーアップ

各国の大使館が参加し、今年は総勢8ヶ国が代々木公園に集結し、イベントのバリエーションが豊富になっています。
ぜひ参加したいのが「カリビアンヨガ」。カリビアンミュージックを聴きながらゆったりとヨガを楽しむことができます。また、昨年大盛況だった「フラッシュモブ体験」もおすすめ。プロポーズなどで大流行のフラッシュモブは、体験できる機会が少ないので、この機会に参加してみると面白いでしょう。

「世界3大カーニバル」の1つ、「ソカ」は必見!

「ソカ」とは、トリニダーゴ・トバゴ発祥の大衆音楽。カーニバルの為に作られ、ブラジルのリオカーニバルに似た豪華な衣装を身にまとい、スティールパンなどの伝統楽器に乗せて踊ります。現地でカーニバルに参加した実績を持つチームが揃って踊りますので、本場さながらの雰囲気を楽しめます。その他カリブラテンアメリカ各国の音楽やダンスは、メインステージとストリートステージで見ることができます。

■イベント詳細
名称:カリブ・ラテンアメリカフェスティバル2015
所在地:東京都渋谷区神南2-1(代々木公園イベント広場内)
営業期間:8月1日(土)10:00~20:00
営業時間:8月2 日(日)10:00~19:00
料金:入場無料・雨天決行
公式サイト:http://www.guavaberry.jp/TheCaribbeanLatinAmericaStreet/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ