リゾ鳴尾浜のプールは一年中楽しめる!屋外プールは6月17日から10月9日まで開放

  • 最終更新:
紅葉特集2017

兵庫県西宮市の鳴尾浜臨海公園南地区にある「リゾ鳴尾浜」は、温泉やフィットネス、プールなどの設備が揃う健康増進施設です。プールがあるのは屋内と屋外の両方。屋外プールはゴールデンウィークと夏季に開放され、今年の夏は6月17日から10月9日まで楽しめます。ガラス貼りの地上4階・地下1階建の建物からは海を一望できます。施設の外に位置する鳴尾浜臨海公園には、花と緑と小川のゾーンや海釣り広場、芝生広場などがあり、室内外ともに身体を動かすのにぴったりの施設です。

リゾ鳴尾浜プールの魅力

一年を通して泳げる温水プールと、海に面した開放感たっぷりの屋外プール。ふたつのプールの魅力をご紹介します。

いつでも利用可能な屋内プール

深さ0.5メートル〜1.0メートルの「アミューズメントプール」は、青と白を基調とした清潔感あふれる空間です。子どもから大人まで楽しめるウォータースライダーとキノコの噴水があります。晴れた日には大きなガラスの壁から太陽の日差しがたっぷりと差し込んで、まるでリゾートビーチに来ているかのよう。また、深さ0.5メートル、広さ28平方メートルの「ちびっこプール」にも子ども向けのスライダーが設置されています。また、最も人気があるのは長さ100メートルの「急流とんねるスライダー」です。ぜひ体験してみてください。
ほかにも「ホットバスジャグジー」や、水着のまま利用できる「プールサイドレストラン」など、バラエティ豊かな設備を一年を通して楽しめます。

GWと夏季だけ開放される屋外プール

 

屋外プールの開放期間はGWと、6月17日から10月9日までです。すぐ目の前に海があり、開放感たっぷりの雰囲気の中で泳げます。深さ約1.0メートルの大プールでは、浮き輪やグラスボートの貸し出しも実施。深さ約0.5メートルの「シーサイドプール」には子どもたちに大人気のジャングルスライダーが設置されており、こちらもプールサイドには人工芝が敷かれています。

そのほか、大きな浮き輪に乗って滑り降りる「あおぞらスライダー」や、海を眺めながら疲れを癒せるジャグジー、日光浴が楽しめる「海辺のテラス」、水着のまま入れる天然露天風呂など、室内プール同様、バラエティーに富んだ夏にぴったりの遊び場です。

リゾ鳴尾浜へのアクセス

公共交通機関でリゾ鳴尾浜に行くには、駅から出ている無料シャトルバスがおすすめです。無料シャトルバスは、阪神甲子園駅の西改札を出てすぐのところ、もしくは南側すぐの横断歩道周辺から、定期的に出ています。それ以外にも、阪神電鉄バスの7番のりばから鳴尾浜行の有料バスが出ており、約18分でリゾ鳴尾浜までアクセスできます。
車で行かれる方は、リゾ鳴尾浜の駐車場が利用できます。駐車料金は最初の30分無料です。その後30分につき100円、 最大で1日1,000円かかります。施設利用者は割引があります。


スポット詳細
名称:リゾ鳴尾浜
所在地:〒663-8142 兵庫県西宮市鳴尾浜3-13
営業期間:通年
営業時間:10:00~22:00
定休日:水曜日
※水曜日が祝日の場合は、翌平日が休館
※夏休み期間無休
※10月~3月の土・日・祝日は22:00閉館
料金:大人1,750円、中学生1,340円、小学生1,030円、幼児(3~6才)720円、3才未満無料
※17時以降はナイター料金となります。
電話番号:0798-42-2161
公式サイト:http://www.reso.jp/pool/pool.htm

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ