今が見頃のラベンダー!夏休みはたんばらラベンダーパークに行こう

  • 4156 |
  • 最終更新:

群馬県沼田市にある玉原高原の「たんばらラベンダーパーク」は、関東屈指のラベンダーの花名所です。今年も園内には鮮やかなラベンダーの紫色と豊潤な香りがあふれ始めています。オープン期間は7月4日から8月30日までで、見頃は7月中旬から8月上旬です。いままさに見頃を迎えている、たんばらラベンダーパークの魅力についてご紹介します。

www.jaf.or.jp

たんばらラベンダーパークとは?

早咲きのラベンダー“こいむらさき”や、遅咲きのラベンダー“グロッソ”、そのほかサルビアやマリーゴールドなどの100種類以上の夏の草花が、園内のいたるところに咲いています。花の近くで形や香りを楽しむのもよし、夏山リフトで高く登りながら眼下に広がる一面の草花を眺めるもよしです。「たんばらラベンダーパーク」は標高1300mに位置していますので、夏の暑さを忘れさせてくれるような爽やかな風を感じることもできます。

オリジナルグルメも満載!美味しく楽しもう

園内には3つのエリアの休憩スペースが用意されています。花畑を眺めながら食事ができる「リゾートセンター」では、新登場のラベンダークレミアや大好評のラベンダーソフトなどのスイーツのほか、地元の食材を使用したうどんやそばなどを堪能できます。
屋外テントの日陰でピクニック気分を楽しめる「ハイランドガーデン」では、本格的な石窯で焼き上げるピザや、上州牛・上州麦豚を使ったハンバーガーが人気です。また地元の高校生が考案・開発した“えだまメンチカツバーガー”や、高さ20㎝の特大サイズのハンバーガーにも注目です。メインダイニングである「レストハウス」には、群馬名産の上州牛・上州麦豚を使ったこだわりのメニューがたくさんあります。挽きたてのイタリアンロースト豆を使用した本格的なコーヒーもおすすめです。

多彩なイベントも!ラベンダーパークを満喫しよう

ラベンダーと直接触れ合うのであれば、1日先着20名、1回500円の「ラベンダー摘み取り体験」がおすすめです。摘み取ったものは持ち帰ってドライフラワーや、ポプリにしてお風呂に浮かべるなどして楽しめます。
そのほか、自然浴シンセサイザー作曲演奏家であるIZANAGIさんによる「シンセサイザーコンサート」(7月14日~8月10日)や、プロのケーナ演奏者であるRenさんによる生演奏「Renケーナコンサート」(7月18日~7月20日・7月25日)では、自然の中で壮大な演奏を聴くことができます。また、7月11日、18日、8月8日、15日には、沼田市主催の「星空観察会」で、満点の星空を観ることができます。こちらは9月、10月にも開催が予定されており、参加するには事前の予約が必要です。
この夏は「たんばらラベンダーパーク」で、大自然の美しさに癒されてくださいね。


イベント詳細
名称:たんばらラベンダーパーク
所在地:〒378-0071 群馬県沼田市玉原高原
営業期間:2015年7月4日(土)~8月30日(日)
営業時間:8:30~17:00(入園は16:30まで)※リフト運行時間8:30~16:30
料金:入園料¥1,000(小学生以下無料)/夏山リフト料金(おとなは中学生以上、小学生未満無料)往復おとな¥800小学生¥600、片道おとな¥500小学生¥350/駐車料金無料(1,500台収容)
電話番号:0278-23-9311
公式サイト:http://www.tambara.co.jp/lavenderpark

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ