茅ヶ崎の夏の風物詩!「第42回サザンビーチちがさき花火大会」が8月6日に開催されます!

  • 1756 |
  • 最終更新:

サザンビーチちがさきでは8月6日(日)「サザンビーチちがさき花火大会」を開催。とても開放的な空間とロマンチックな雰囲気の中、綺麗な花火を観賞することができます。茅ヶ崎の夏の風物詩として愛されているこの花火大会は、今年で42回目を迎え、毎年県内外から多くの人が訪れる人気花火大会になりました。ここでは、サザンビーチちがさき花火大会の魅力やおすすめの観覧場所をご紹介していきます。

www.list.co.jp

サザンビーチちがさき花火大会の魅力

花火が海面に映し出されるように計算して打ち上げられる“水中孔雀”は、まるで孔雀が羽を広げたように美しく、ちがさき花火大会のメインとなっています。また、今年で11回目になる市内在住・在学の中学生以下の少年少女が描いた絵画を実際の花火にして打ち上げる“茅ヶ崎オリジナル花火絵画コンテスト”も見どころです。そのほかにも連続して打ち上がる“スターマイン”や、市民から公募したメッセージと共に打ち上がる“お祝い花火”など、オリジナリティ溢れるプログラムが満載です。水面に映る“逆さ花火”もビーチだからこそ楽しめる魅力のひとつです。

サザンビーチちがさき花火大会のおすすめ観覧場所

毎年約8万人で賑わう人気の花火大会のため、見る場所によっては混雑します。ここではサザンビーチちがさき花火大会のおすすめ観覧場所をご紹介します。

ヘッドランド西側
砂浜の侵食を食い止めるために作られた、人工ビーチ「ヘッドランド」(茅ヶ崎市東海岸南4丁目)。西側には花火を見られそうなスペースがあり、混雑もしません。ヘッドランド中央付近には屋台が並びますので、飲み物やつまみの調達には困らないでしょう。また近くにトイレもあり、お子さんと一緒でも安心です。

菱沼海岸周辺
会場から徒歩で15分くらいに位置する浜辺です。迫力はありませんが、花火の全貌を眺めることができて、混雑も少ないので、ゆったりと観たい方におすすめです。

辻堂公園
藤沢市辻堂西海岸にある辻堂公園は、湘南の海沿いに広がっており、遠くの方に花火を見ることができます。敷地面積が広く、駐車場も広いため、車で来ても大丈夫でしょう。できる限り人のいない場所で花火を観たい人には、ここが絶好の穴場であるといえます。


花火大会概要
名称:第42回サザンビーチちがさき花火大会
開催日時:2016年8月6日(土)19:30~20:20
開催場所:サザンビーチちがさき(茅ヶ崎海水浴場)
打ち上げ玉数:約3,000発
昨年の人出:8万人
交通アクセス:R茅ヶ崎駅から徒歩20分 JR茅ヶ崎駅から神奈川中央交通臨時バス(片道180円)に乗り10分
駐車場:無

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ