8月6日「2016酒田花火ショー」が最上川河川敷にて開催!山形の夜空を彩る豪華花火は必見!

  • 1438 |
  • 最終更新:

酒田花火ショーは、1929年に港が第2種重要港湾に指定されたことをきっかけに始まった東北でも伝統ある花火ショーです。その魅力は、最上川河口の広い敷地で行なわれるダイナミックな演出。近年では約40万人の観覧客が訪れるほどの東北最大規模の花火大会となっています。ここでは「2016酒田花火ショー」の魅力や観賞スポットをご紹介します。

sakata-kankou.com

酒田花火ショーの魅力とは

酒田花火ショーは全国から腕利きの花火師達が集結することで有名です。打ち上げ総数は1万2000発の花火、1つ1つに手の込んだ細やかな演出が施されており、毎年最上川の夜空を派手に彩っております。
また、大音量スピーカーから流れる音楽のリズムに合わせて打ち上がる花火は大迫力。花火大会を、1つのショーのようなエンターテイメントとして楽しむことができます。
そして、同時打ち上げにこだわった、ダイナミックな花火にもぜひ注目してください。最上川河口の広大な敷地のメリットを最大限に活かし、尺玉やスターマインが同時に上がる様子は圧倒されること間違いなしです。
クライマックスには、展開幅約2kmに渡る壮大な空中ナイアガラがスターマインと共に満を持して
待機しており、ショーのラストをド派手に締めくくります。
どれも「酒田花火ショー」でしか見ることができない、オリジナリティの高い花火。「ショー」の名にふさわしい、華やかな花火を楽しむことができます。

酒田花火ショーおすすめの鑑賞スポット

最上川の河川敷は非常に広いため、無料スペースでも余裕をもって観覧できます。もっと気楽に観覧したいという人は、打ち上げ場所から川沿いを歩いていけば、空いている場所が広がっています。
その他、観覧にはちょうどいいスポットとしては、高いところに位置しているため花火を見やすい「海向寺」や、「飯盛山地区(土門拳記念館辺り)」「東北公益文化大学の丘の上」などがゆったりとしたスペースを確保しやすくおすすめです。
また、特別観覧席の販売もあります。シート席となる(マス席・ペアシート席)や、椅子席となる(ペアイス席)などが用意されており、販売価格はマス席(定員4名まで)で8,000円、ペアシート席(2名用)で5,000円、ペアイス席(2名用)で5,000円となっています。

■花火大会概要
名称:2016酒田花火ショー
開催日時:2016年8月6日(土)19:30~21:00
開催場所:最上川河川公園
打ち上げ玉数:12,000発
昨年の人出:21万人
交通アクセス:JR酒田駅からタクシーで10分 山形道酒田ICから車で10分
※JR酒田駅から有料臨時直行バス運行
駐車場:有り 2,000台 無料

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ