8月6日、千葉県松戸市で「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」が開催!

  • 2064 |
  • 最終更新:

8月6日(土)に千葉県松戸市の江戸川河川敷で「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」が開催されます。本花火大会の特徴は、質のいい花火の三原則と言われる光・色・音を重視したクオリティの高い打ち上げ花火。花火の種類も豊富で、伝統的なものから、最新のキャラクターをモチーフにした花火、音楽花火まで幅広く楽しむことができます。ここでは「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」の魅力と鑑賞スポットを紹介します。

city.matsudo.chiba.jp

「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」とは

千葉県松戸市で開催される「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」は、運営資金が市民の協賛金から捻出される地元密着型の花火大会。協賛金は10,000円から受け付けられて、支払った金額に応じて花火の鑑賞席を得ることができます。10,000円で2名分の席が確保出来ます。カップルや友人同士での鑑賞予定の方は、協賛金の支払いを検討してみるのもよいかもしれません。

「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」の魅力とは?

「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」は、質のいい花火に重要視されている光・色・音の3原則に特にこだわったクオリティーの高い打ち上げ花火が鑑賞できることが特徴です。
今年のプログラムは4部で構成され、各パートにテーマが設けられています。
伝統的な花火から、スターマイン・音楽花火などの近代的な演出の花火まで、バリエーション豊富な花火を楽しむことができます。
また、会場が江戸川河川敷なので、観覧スペースが広く混雑も少なく楽しめます。視界が開けていて花火がよく見えることに定評があります。

「松戸花火大会IN2016-みんなであげる夢花火-」の鑑賞スポットをチェック

花火大会の会場である「江戸川河川敷」は各線の松戸駅から徒歩10分程度ですが、混雑時はそれ以上の時間がかかるので、時間に余裕を持った移動がおすすめです。
江戸川河川敷全体が観覧場所となっており、観覧場所はかなり広くゆったりと花火を楽しむことができます。場所取りは前日14時に解禁されるので、ベストスポットを狙いたい方はその時間を狙って場所取りに参加してみるのもよいでしょう。
時間ギリギリで行く場合は、打ち上げ場所の正面から少し葛飾橋に移動したエリアが比較的混雑が少なくておすすめです。

■花火大会概要
名称:松戸花火大会IN2015-みんなであげる夢花火―
開催日時:2016年8月6日(土)19:15~20:20
開催場所:江戸川河川敷(松戸市立図書館本館先)
打ち上げ玉数:8,000発(予定)
昨年の人出:19万8000人
交通アクセス:JR常磐線・新京成電鉄松戸駅から徒歩10分(混雑時は徒歩で15分以上)
駐車場:なし

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ