琵琶湖のそばに広がる絶景ひまわり畑!滋賀県守山市「第1なぎさ公園」で楽しい夏の1日を!

  • 22292 |
  • 最終更新:

滋賀県守山市の「第1なぎさ公園」では、毎年7月中旬から下旬にひまわりの見頃を迎えます。約4,000平方メートルの敷地面積を誇る「第1なぎさ公園」は、約12,000本の黄色いひまわりが元気いっぱいに咲く人気スポット。ここでは第1なぎさ公園の魅力についてご紹介していきます。

kiratemari.blog134.fc2.com

第1なぎさ公園とは?

今浜町にある「第1なぎさ公園」は、琵琶湖の東岸側にある自然公園です。琵琶湖の奥には比良山地を望むことができ、四季折々でさまざまな花が咲き誇る花畑が特徴です。琵琶湖を眺めながらゆっくりした時間を過ごすことができる、のんびりした雰囲気の公園です。

第1なぎさ公園の魅力とは?

第1なぎさ公園の魅力は季節によって違う表情を見せる花畑。1月~2月にかけては、カンザキハナナという早咲きの菜の花が約12,000本広がります。冬の雪山とコラボする菜の花は第1なぎさ公園ならではの景観です。そして夏には12,000本ものひまわりが一面を彩ります。栽培されているのは高さ1~1.5メートル程の「キッズスマイル」という品種で、まさに子どもと同じくらいの大きさに育つのが特徴です。美しい花々はいずれも守山市シルバー人材センターのスタッフによって、丹精込めて育てらています。

第1なぎさ公園は周辺施設も充実!

「第1なぎさ公園」の近くには、さまざまな施設があります。ひまわり鑑賞のついでに買い物をするならショッピングモール「ピエリ守山」がオススメです。また、少し離れた場所に位置する「第2なぎさ公園」は「日本の渚100選」にも選ばれた海水浴場で、夏休み期間中は県内外より多くの家族連れや若者が訪れます。さらにキャンプをするなら「みさき自然公園」も近隣にあり、とても便利です。生き物とのふれあいや自然について学べる施設も併設されているので、家族でお出かけする際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

第1なぎさ公園へのアクセスは?

【電車・バスの場合】
JR琵琶湖線「守山駅」より、バスでラフォーレ琵琶湖行きに乗り「第1なぎさ公園」下車、すぐです。
【自家用車の場合】
名神「栗東IC」から約30分または、湖西道路「真野IC」から約15分です。

■イベント詳細
名称:第1なぎさ公園
所在地:滋賀県守山市今浜町地先
ひまわりの見頃:7月中旬~下旬
料金:無料
公式サイト:http://www.moriyamayamamori.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ