無料でひまわり持ち帰りOK!広島県三次市「君田のひまわり畑」は今が見頃!

  • 10904 |
  • 最終更新:
花火特集2017

毎年7月中旬から下旬にかけて見頃を迎える広島県三次市の「君田のひまわり畑」。毎年1万人以上の人が訪れる人気のひまわり畑で、今年は7月28日(火)頃まで美しいひまわりを楽しむことができる見込みです。それでは、「君田のひまわり畑」の魅力に迫ってみましょう。

君田のひまわり畑とは? 

君田ひまわり畑 は、中国自動車道の三次ICから車で2〜30分程松江方面へ走った、三次市君田町にあります。静かな山間の里に、突如現れる黄色の絨毯。緑豊かなのどかな風景を背に、数百メートルにわたってひまわりが咲き誇ります。

転作田を利用して町中に植えられたことがきっかけで始まった「君田のひまわり畑」は、今では約6ヘクタールの広さにまで膨らみ、100万本ものひまわりを咲かせます。
4月末から5月にかけて、君田地区の方々がひまわりの種蒔き、大切に育てようやく咲いた大輪のひまわりは、見るものに大きな感動と元気を与えてくれます。

無料でひまわり持ち帰りOKの「切り取り会場」に立ち寄ろう

君田のひまわり畑は、町内5つの会場のひまわり畑で同時開催されています。なかでも、西日本最大級の規模を誇る藤兼地区のひまわり畑には、太陽を見上げるひまわりの絶景が、視界いっぱいに広がります。
こちらの会場は、「観賞専用」と「切り取り会場」の2つに分かれているのが特徴です。なんと「切り取り会場」では、その名の通り、咲いているひまわりを自由に摘んで持ち帰ることが出来るのです。しかも、無料で摘み取り放題というから驚きです。
君田のひまわり畑は、入場料も駐車料金も無料です。一生懸命ひまわりを育ててくださった運営者の方々の、ひまわりの様な大きな心意気には頭が下がります。「ひまわりの種代」を募る募金箱が置いてありますので、感謝の気持ちを込めて募金をするのもよいでしょう。
藤兼地区から車で10分程の石原地区のひまわり畑では、段々畑に咲くひまわりが見られます。藤兼地区とはまた違った雰囲気を味わえ、こちらもオススメですよ。

■イベント詳細
名称:君田のひまわり畑
所在地:広島県三次市 君田町藤兼ほか
営業期間:見頃時期 7月下旬〜8月上旬
料金:無料
電話番号:0824-53-2112
公式サイト:http://miyoshi-kankou.jp/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ