驚きの130万本が咲き乱れる佐用町南光ひまわり畑。一面に広がる夏の景色を目に焼きつけよう!

  • 最終更新:
花火特集2017

兵庫県の佐用町南光ひまわり畑は関西一の規模を誇り、今年は7月18日から8月2日までの16日間「ひまわり祭り」も開催されます。太陽の花が咲き乱れる夏の絶景を見ようと、毎年10万人以上が訪れる佐用町の一大イベントです。年々人気が高まっている、佐用町南光ひまわり畑の魅力に迫ります。

佐用町南光ひまわり畑とは

兵庫県西部に位置する佐用町南光地区は、「ひまわりの町」と呼ばれているほどひまわりの栽培が盛んな地域です。町内全域には、休耕田を生かしたひまわり畑が点在します。平成2年からひまわりを植え、その翌年から搾油用に栽培。 その後栽培面積を増やし、現在ではその数なんと約130万本ものひまわりが植えられています。約25haの規模は、本州最大級。栽培される地区は町内に6カ所設けられており、地区ごとに栽培期間が管理されています。

ひまわりの見頃はおよそ1週間ですが、種まきの時期をずらすことにより、期間中いつ訪れても満開のひまわりを楽しむことができるのです。一面に拡がるひまわり畑は、今では町おこしに一役買っています。

佐用町の観光イメージキャラクターにも、もちろんひまわりが使用されています。佐用町のアイドル、ゆるキャラ「おさよん」は頭に咲いた大きなひまわりがトレードマークです。ひまわり畑で、可愛い“おさよん”にも会えるかもしれませんね。

佐用町南光ひまわり畑のひまわり祭り

佐用町南光ひまわり畑では、ヒマワリの開花にあわせて「ひまわり祭り」も開催されます。今年で26回目を迎える「ひまわり祭り」では、特産品・農産物を販売する「物産テント村」、様々な種類のひまわりを集めた「世界のひまわり園」、ひまわり畑の中に出現する「ひまわり迷路」や各種イベントが行われます。また、8月2日には花火大会も実施。約800発の花火が、ひまわり畑の夜空を彩ります。地上に咲く花と夜空に輝く花、2つの夏の花の共演を是非お楽しみください。この日は夜店も出店するので、楽しさ倍増ですよ。

イベント詳細
名称:佐用町南光ひまわり畑
所在地:兵庫県佐用郡佐用町林崎839 南光スポーツ公園周辺
開花時期:2016年7月中旬頃
営業時間:9~17時(7月上旬~8月上旬)
料金:200円
公式サイト:http://www.town.sayo.lg.jp/cms-sypher/www/event/detail.jsp?id=2789

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ