ひまわりの中で冒険しよう!山形県天童市「ひまわり迷路」が本日オープン!

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

夏の花といえば「ひまわり」。ビタミンカラーの黄色と、太陽に向かってまっすぐに咲く様は人々に元気を与えてくれます。そんなひまわりを近くで見て、もっと元気をもらいたいと思いませんか。山形県天童市にある「ひまわり迷路」は、毎年夏になると一般に公開されます。今年は7月23日(木)にオープンし、今がまさに見頃です。

ひまわり迷路とは?

山形県天童市・山形県総合運動公園の北側に位置する「ひまわり迷路」は、約4500平方メートルのひまわり畑です。毎年夏になると背の高いひまわりがたくさん咲いて、例年7月下旬から8月中旬ぐらいまで一般公開されます。今年は7月23日(木)にオープンし、8月上旬にはひまわりが倒される予定とのこと。開園期間は咲き具合によって変わるため、心配な方は事前に問い合わせてから行くとよいでしょう。なお、ひまわり迷路は入場無料で自由に見ることができます。

ひまわりで出来た迷路に挑戦!

約10万本のひまわりが広がる畑の中には、2メートルほどに育ったヒマワリが密生している場所もあり、まるで小人になったかのような気分でヒマワリの中を歩いて楽しむことができます。迷路を歩いていると、夏の青空の下キレイに咲き誇るひまわりに、ついつい足を止めて見入ってしまいます。家族や友達と誰が先にゴールできるか競争をしてみるのも楽しいですよ。

地域の思いがこもったひまわり畑

今年で15年目を迎えるひまわり迷路は「干布(ほしぬの)地域づくり委員会」の産業経済小委員会が制作し、干布小の児童や保護者などが毎年畑を耕して種まきを行っています。昨年の開園式では、天童市長や、サッカークラブ・モンテディオ山形の社長、そして近くの保育園の園児約40人らが出席し、地元を大いに盛り上げました。地域の人たちが大切に育て、それぞれの思いがこもったこのひまわり迷路。ぜひ見に行ってみてください。

ひまわり迷路へのアクセス

アクセスは、国道13号を山形方面に向かい、カワチ薬品のところにある農道を入ってすぐです。山形方面から行くには、国道13号の原町交差点(ららパーク北)を右折し、150メートルほど進んだところをまた左折して、農道に入ります。


■イベント詳細
名称:天童市 ひまわり迷路
所在地:山形県天童市梨ノ木(国道13号線沿い、カワチ薬品天童店向かい)
営業期間:2015年7月23日(木)~8月上旬※開花状況によって開園期間は変わる場合があります。
料金:無料
電話番号:干布地域づくり委員会(干布公民館内)023-654-2534

このページのTOPへ