【7月25日・26日】7月ラストスパート!横浜開催のおすすめイベント3選

  • 3020 |
  • 最終更新:

あっという間に7月最後の週末。夏真っ盛り、思いっきり遊んでますか?7月25日、26日に行われる横浜のイベントの中から、おすすめのものを3つご紹介します。恐竜博など親子でも楽しめるものから、早朝の観蓮会、ビーチスポーツフェスタなど、夏を感じられるイベントばかりです!

ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博

l-tike.com

みなとみらいのパシフィコ横浜で8月31日まで開催中なのが、「ダイノワールド 横浜恐竜博」。恐竜の骨格標本をはじめとして、カンブリア紀から恐竜時代まで栄えた様々な古生物の化石を展示。最新のデジタル技術を用いた特殊な展示も登場します。中でも見どころは、ジュラ紀最大の肉食恐竜「トルボサウルス」の実物全身骨格。2012年に発見された貴重なこの骨格化石が、世界ではじめて公開されます。さらに、白亜紀の恐竜王・ティラノサウルスの全身骨格「ティンカー」も初来日。その迫力ある姿をじっくりと観察できます。
通常の恐竜展では「見学」することがメインになっていますが、ダイノワールドでは「見学しながら考える」ことができる展示になっています。なんでだろう?と考えながら見ていくうちに、恐竜への理解が深まっていること間違いなし!また、だれでも楽しめる「恐竜縁日」や「バズーカ砲ゲーム」、本物の化石に触れる「化石に触っちゃおう体験」など、遊びながら恐竜のことがわかるおもしろコンテンツも満載です。

ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博の詳細はこちら!

三渓園 早朝観蓮会

blogs.yahoo.co.jp

三渓園の蓮の花は今が見頃です。蓮は、三渓園の創設者の原三渓がとりわけ好んだ花でもあります。泥の中から美しい花が咲く様子は、俗世間から現れた優れた人材に例えられることもあります。三渓園では8月9日(日)までの土日限定で、「早朝観蓮会」が開催されています。明け方からゆっくりと咲き始め、午前7時頃一番の見頃を迎える蓮の花。9時頃には再び閉じ始め、昼ごろには完全に閉じてしまいます。蓮の花を見るなら頑張って早起きしましょう。
通常三渓園は午前9時の開園ですが、早朝観蓮会の開催時には午前6時から開園。朝の清々しい空気の中、美しい蓮の花を愛でながらのんびりと園内を散策してみませんか。蓮の葉っぱでお面を作ったり、葉っぱでシャワーを楽しむ「蓮の体験コーナー」や、朝8時から蓮の種をプレゼントするイベントもあります。園内の茶店では早朝限定の特別メニューも提供。この時期だけのお楽しみです。

三渓園 早朝観蓮会の詳細はこちら!

YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ2015

www2.yspc.or.jp

横浜の夏の風物詩、「ビーチスポーツフェスタ」が今年も行われます。会場は金沢区の海の公園。金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」または「海の公園南口駅」下車で徒歩すぐ。7月25、26日と8月1、2日の4日間にわたっての開催で、今週末はビーチハンドとビーチテニスの試合が行われます。観覧は無料なので、白熱の試合を応援しましょう!
また、当日参加可能なイベントも多数。7月25日にはビーチクリーン、ビーチ宝探し、7月26日にはビーチフラッグス体験が行われます。ビーチ輪投げ、ビーチ綱引きは25、26日の両日開催。海で思いっきり体を動かしましょう。また、7月26日(日)には海の公園内でフリーマーケットの開催もあるので、のぞいてみては。掘り出し物が見つかるかもしれません!

YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ2015の詳細はこちら!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ