山形 西浜海水浴場は県内最大規模!美しく広大なビーチに出かけよう!

  • 4325 |
  • 最終更新:

山形県飽海郡遊佐町にある「西浜海水浴場」は、2006年に環境省が認定する「日本の快水浴場百選」に指定された海水浴場です。手入れの行き届いた美しい海に、毎年大勢の観光客が訪れています。遊泳期間は例年7月中旬から8月中旬頃まで。ここでは、西浜海水浴場の魅力をご紹介します。

yuzachokai.jp

西浜海水浴場の魅力とは?

ビーチの美しい景観

西浜海水浴場は、2006年に「日本の快水浴場百選」に指定されました。環境面や施設面、安全面において整備の行き届いており、快適に過ごせる海水浴場です。全長約300m、奥行50mのビーチには白砂が広がっており、松林が沿うように続いています。西浜海水浴場の景観を堪能するなら夕暮れ時がおすすめです。日本海に沈む赤い夕日と青い海、白い砂浜、緑色の松林の美しいコントラストを楽しめます。

シャワーや宿泊施設・温泉など設備が充実!

西浜海水浴場には、シャワーやトイレ棟などの施設が完備されているので安心です。また、周辺にはキャンプ場やコテージ村などのレジャー施設も多数点在しています。海水浴場周辺に宿泊の際は、足を運んでみてください。
また、近隣には日帰り温泉「あぽん西浜」が建っています。源泉は毎分約800リットルの豊かな湧出量を誇り、保温効果も良く、「温まる湯」また「熱の湯」として人気です。施設内にある大浴場と露天風呂では源泉が異なり、2種類の温泉を楽しめます。

近隣に観光スポットが満載!

買い物をするなら、鮮魚や地元の名産品の直売所「道の駅・鳥海ふらっと」がおすすめです。刺身や焼魚、天ぷら・フライなどの惣菜を購入できる「元気な浜店」や、新鮮な野菜がズラリと並ぶ農産物直売所「ひまわりの会」など魅力的なお店が点在しています。そのほか、おこしやあん入り餅、おはぎ餅などの甘味も豊富です。
時間に余裕があるなら、名勝「十六羅漢岩」にも立ち寄ってみてください。十六羅漢岩は鳥海山が噴火した際に日本海に流れ出した安山岩に彫られている16人の仏教修行者の像です。夏の夜にはライトアップが行われ、幻想的な雰囲気を味わえます。

西浜海水浴場へのアクセス

電車の場合は、JR羽越本線「吹浦」駅から徒歩約17分です。
バスの場合は、町営バス女鹿線「西浜歩道橋前」下車し、徒歩15分でアクセスできます。
自家用車を利用するなら、山形自動車道酒田「みなとIC」から、国道7号線を秋田方面へ23分の場所にある駐車場へ向かいます。収容台数は500台分です。駐車場利用の際には、協力金として普通車500円、バイク200円、マイクロバス1,000円、大型バス2,000円を支払います。

■スポット詳細
名称:西浜海水浴場
所在地:山形県飽海郡遊佐町吹浦字西浜地内
営業期間:2016年7月中旬~8月中旬
営業時間:8:30~17:00
電話番号:0234-72-5886(遊佐町役場企画課)
公式サイト:https://www.yuzachokai.jp/nisihamakaisuiyokujyou

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ