8月6日岡山で「おかやま桃太郎まつり納涼花火大会」が開催!パレードと花火で夏を感じよう!

  • 3770 |
  • 最終更新:

桃太郎伝説発祥の地岡山県で、8月6日(土)に「おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会」が開催されます。場所は岡山市の旭川西中島河原。岡山県内で最大規模の夏祭り「おかやま桃太郎まつり」の初日に開かれる花火大会です。花火だけではないお祭りの魅力や迫力ある花火を目の当たりにできる本花火大会の魅力に迫ります。

takoyakihonpo.seesaa.net

おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会とは?

岡山県内で最大規模の夏祭り「おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会」は、毎年8月の第1土曜と日曜にかけて開催されています。まつりのメインである「うらじゃパレード」やファミリーフェスタなどのイベントが行われ、街中が盛り上がる一大イベントです。
初日に開催される納涼花火大会では、仕掛け花火や連発式スターマインが盛大に打ち上げられ、約30万人の観客を魅了します。

おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会の魅力とは?

日本三名園からの望める花火大会

約4,000発もの花火が打ち上がり夏の夜空を彩ります。中でも注目すべきは、旭川にかかる仕掛け花火とスターマイン。観客席から至近距離で打ち上げられ、その迫力たるや圧巻です。日本三名園の1つ「後楽園」からも観賞することができますので、より風情を感じながら花火を楽しめます。

うらじゃパレードの盛り上がりは一見の価値あり

花火のほかにも、市内中心部ではさまざまなイベントが行われます。鬼メイクを施した「うらじゃおどり」のパレードは、この地ならではのもの。若者たちがメインとなって主催・運営している、おかやま桃太郎まつりで人気なイベントの1つです。岡山市内が「うらじゃ」一色に染まるほどの盛り上がりを見せます。また、岡山市役所周辺では多くの屋台が並びますので、おいしいものとの出会いも楽しめます。

おかやま桃太郎まつり 納涼花火大会の鑑賞スポットをチェック!

花火大会の会場は岡山市内を流れる旭川の河畔です。祭りの人出は、毎年約30万人と混雑が予想されます。次に、人混みを避けてゆっくり鑑賞したい方へおすすめのスポットをご紹介します。

百間川の河川敷

会場から少し離れるため花火の迫力には欠けますが、ゆっくりと見られるのが1番という方にオススメです。

岡山天満屋屋上ビアガーデン

4月28日(木)から9月15日(木)まで、岡山天満屋の屋上ではビアガーデンが開催されます。花火大会当日はプレミアムデーにつき、通常料金に+500円かかりますが、ビールを飲みながら花火が鑑賞できるスポットです。早めに席を予約しておきましょう。

■花火大会概要
名称:おかやま桃太郎まつり 第43回納涼花火大会
開催日時:2016年8月6日(土) 19:30~20:30
開催場所:旭川西中島河原
打ち上げ玉数:4,000発
交通アクセス:
JR岡山駅から徒歩約30分
JR岡山駅から路面電車「東山」行に乗り約10分、「西大寺町」電停下車、徒歩約5分
JR岡山駅からバスに乗り15分、天満屋バスセンターまたは宇野バス本社下車、徒歩約10分
駐車場:無

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ