埼玉の草加市民納涼大花火大会は8月6日開催!ふるさとの魅力満載の5000発が打ち上がります

  • 2993 |
  • 最終更新:

埼玉県草加市で「草加市民納涼大花火大会」が今年も開催されます。2016年の開催日は8月6日(土)です。会場は「そうか公園多目的運動広場」と「総合運動場」。19時に打ち上げが開始され、20時45分にフィナーレを迎えます。今回は近隣住民をはじめ、多くの花火ファンが毎年楽しみにしている草加市民納涼大花火大会の魅力に迫りました。

http://www.city.soka.saitama.jp/

草加市民納涼大花火大会の魅力とは?

ふるさとを思う温かみのある花火大会

「草加市民納涼大花火大会」は埼玉県・草加市の夏の風物詩として定着している一大イベントです。地域を愛する想い、子供たちに素敵な思い出を作って欲しいという地元青年会の情熱から生まれました。運営するのは地元住民のボランティア。まさに手づくりの花火大会です。ほかの花火大会とはちょっと違うゆったりとした進行が「草加らしさ」を物語ります。
8月4日(木)と8月5日(金)には、青年会による盆踊りや地元在住の園児による鼓笛隊演奏など、地域に根づいたイベントも開かれます。会場は「そうか公園多目的広場」です。花火大会への期待感を胸に、こちらのイベントも毎年盛り上がっています。

大迫力の音響を堪能できる

連続スターマインやメッセージ花火など多彩な花火が夜空を彩ります。特にラストの10分は圧巻です。スターマインが次々と打上がり、大会はクライマックスを迎えます。観覧場所と打上げ場所がとても近いため迫力満点。ぜひ体感してみてください。

草加市民納涼大花火大会の穴場をチェック!

草加市民納涼大花火大会は有料席がなく、公園や運動場などが観覧場所となります。次に、主な鑑賞スポットをチェックしていきましょう。

そうか公園周辺
田んぼが多く建物が少ないため、ちょっとした道からも充分に観賞できます。東埼玉道路の東側、草加東高校付近は特に暗い、花火観賞にぴったりです。

イオンレイクタウン屋上
屋上は見晴らし良好です。館内はもちろん涼しく、飲食もできますし、トイレの心配もいりません。

■花火大会概要
名称:草加市民納涼大花火大会
開催日時:2016年8月6日(土) 19:00~21:00
会場開門予定:16:30 ※混雑具合により早まる場合があります
開催場所:
第1会場 そうか公園多目的運動広場(埼玉県草加市柿木272-1)
第2会場 総合運動場(埼玉県草加市青柳7)
打ち上げ玉数:約5,000発
昨年の人出:約8万人
交通アクセス:
・東武鉄道「松原団地駅」の東口から東武バス「新田駅東口」行に乗り15分、「総合グランド前」で下車し、徒歩約3分
・東武鉄道「新田駅」の東口から「松原団地駅東口」行バスに乗り15分、「総合グランド前」で下車し、徒歩約3分
・JR越谷レイクタウン駅から徒歩約30分
※当日は会場周辺で交通規制あり。
駐車場:無

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ