東京・葛西海浜公園西なぎさで海水浴体験をしよう!2016年は7月18日から開催

  • 40791 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京都・葛西臨海公園の西なぎさで今年も海水浴体験イベントが行われます。2016年の日程は7月18日(月・祝)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)と、8月1日(月)から28日(日)です。2013年に厳しい水質基準を全てクリアし、50年ぶりに念願のオープンを果たしてから今年で4年目となりました。今回は、葛西臨海公園西なぎさの魅力をご紹介します。

葛西海浜公園西なぎさ海水浴場の魅力は?

葛西臨海公園内は、敷地内に観覧車やバーベキュー会場、水族館などが点在する公園でとして、多くの方が利用しています。その敷地を抜け、橋を渡った先にあるのが葛西海浜公園です。公園内には「西なぎさ」と「東なぎさ」という2つの広い砂浜があります。そのうち海水浴体験を楽しめるのが西なぎさです。

遊泳区域内はロープで仕切られていて、アカエイの侵入を防ぐネットが張られています。小さなお子様も安心して楽しめる海水浴場です。
海水浴場を海つたいに見てみると東京ディズニーリゾートも肉眼で見えます。海水浴場とは思えない楽しいロケーションの中で泳いで見ませんか。

清潔で万全な設備が嬉しい

海水浴体験の開催期間中は、トイレや足洗い場、更衣室シャワーにコインロッカーなどが有料で利用できます。また、時間内はライフセーバーと看護師が在住しており、利用者が安全に利用できる体制が整っています。

海水浴場で行われるイベントにも注目

開催期間中の日曜日と祝日には、認定NPO法人ふるさと東京を考える実行委員会が主催する「里海まつり」が行われます。一般の方へ向けた漁業体験や、薄板でつくった一人乗りの小舟「ベカ船」の試乗会が開かれる予定です。

葛西海浜公園海水浴場へのアクセス

電車の場合は、JR京葉線で葛西臨海公園駅下車後、徒歩7分ほどでアクセスできます。公園内を散歩がてら通過し、橋を渡った先が海浜公園です。
車の場合は首都高速湾岸線葛西出入口から2分ほど。駐車場は葛西臨海公園観覧車前の大きな駐車場を利用できます。ただし別途駐車料金はかかりますので、ご留意ください。

■スポット詳細
名称:葛西海浜公園
所在地:東京都江戸川区臨海町6丁目先
営業期間:2016年7月18日(月・祝)、23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)、8月1日(月)~28日(日)
営業時間:10:00~16:00
※天候により泳げない場合あり。毎日の実施可否は公式ツイッターをご確認ください。
公式ツイッター:https://mobile.twitter.com/parkskasai
料金:海水浴場は無料、更衣室・シャワー、コインロッカーなど一部施設は有料
電話番号:03-5696-4741(葛西海浜公園サービスセンター)
公式サイト:http://www.tokyo-park.or.jp/announcement/027/detail/33682.html
設置設備:トイレ、足洗い場、更衣室・シャワー、コインロッカー、遊泳区域ロープ、アカエイ侵入防止ネット、利用案内板
監視救護体制:監視員(ライフセーバー)、看護師を配置

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ