江戸川区花火大会が2016年8月6日開催!8つのテーマで舞う花火は圧巻の一言。

  • 6616 |
  • 最終更新:

エキサイティング花火2016 第41回 江戸川区花火大会が8月6日(土)に開催されます。会場は東京都立篠崎公園先の江戸川河川敷です。興趣を凝らした8つのテーマに沿って花火が上がる様は圧巻の一言で、飽きる事がありません!ここでは江戸川区花火大会の魅力と花火が鑑賞しやすいおすすめの鑑賞スポットをご紹介していきます。

エキサイティング花火2016 第41回 江戸川区花火大会の魅力

異なる8種のテーマで花火を盛り上げる!

8種類の花火のテーマは10分刻みで展開していきます。最初に打ちあがるのは名物の5秒1,000発打ち「咲き誇れ!情熱江戸川花火!」です。次に富士の山頂に輝く太陽を表現した「ダイヤモンド富士 ~永遠の輝き~」やポップな花火「パステル★EDOGAWA」、光が降り注ぐ「 真夏のスターダスト」、愛らしいミツバチたちが飛び回る「あっちこっち♪ミツバチマーチ♪」、青い光が美しい「ブルーシンフォニー ~瑠璃の雫~」、スピード感のある「紅の電光石火」が続きます。ラストを飾るのはカラフルな花火と金カムロシャワーが華やかな「夢幻の彼方へ」です。緩急あるテーマは、見ていて飽きることがありません。

www.city.edogawa.tokyo.jp

江戸川区花火大会の鑑賞スポットをチェック!

会場への最寄り駅は、篠崎駅や京成江戸川駅です。会場には駐車場はありません。会場近くの篠崎公園には24時間営業の駐車場がありますが、当日は道路の混雑が予想されるため、徒歩でのアクセスが便利です。ここでは、花火が見えやすいスポットをご紹介します。

篠崎公園

小岩駅からバスに乗り、「浅間神社」下車。会場のすぐ近くなので、花火を間近に見ることができます。広い公園なので、空いている場所を探してゆったり楽しめます。

総武線陸橋下

総武線小岩駅が最寄り駅。江戸川区東小岩3丁目付近で、花火がよく見えやすく、あまり混んでいないスポットです。

江戸川河川敷(市川市側)

本八幡駅が最寄り駅。江戸川区側の河川敷よりも、ゆったりと花火を楽しむことができるスポットです。有料席が近くに用意してあります。

花火大会概要

名称:エキサイティング花火2016 第41回 江戸川区花火大会
開催日時:2016年8月6日(土)19:15~20:30 ※荒天時は2016年8月7日(日)に延期
開催場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
打ち上げ玉数:1万4,000発
昨年の人出:90万人(江戸川区側のみ)
交通アクセス:都営地下鉄篠崎駅から徒歩15分、JR小岩駅または京成電鉄京成江戸川駅から徒歩25分、都営地下鉄瑞江駅から徒歩45分 ※当日は会場周辺で交通規制あり(17:00~22:00頃)
駐車場:無
公式サイト:http://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/

 

※トップ画像出典:江戸川区

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ