香川県まんのう町「ひまわりの里まんのう」。未来に残したいひまわりの絶景で夏を感じよう!

  • 5168 |
  • 最終更新:

香川県まんのう町では、7月上旬から下旬にかけて「ひまわりの里まんのう」のひまわりが見頃を迎えます。黄色い大輪の花がのどかな田園地帯を色鮮やかに染め、家族連れやアマチュアカメラマン達で毎年賑わいをみせます。期間中に開催される「ひまわりまつり」などの楽しいイベントも見どころのひとつです。ここでは「ひまわりの里まんのう」の魅力をご紹介していきます。

「ひまわりの里まんのう」とは?

日本最大級のため池「満濃池」を有する香川県まんのう町は、まちづくりの一貫として、「ひまわりの里づくり事業」に取組んでいます。満濃池のほど近くにある帆山地区を中心に、地元農家らや地域住民らがヒマワリを栽培。休耕田を利用し、栽培面積は今では帆山地区の広さの約9割を占めています。その広大な敷地に咲く約25万本のひまわりは、地域の盛夏を彩る景観づくりに励んできた町民たちの努力の結晶。その迫力をぜひ体感してください。

また、京都市の池坊華道会が「未来に残したい日本の花風景」として選定した「池坊花逍遥100選」の中に香川県内で唯一「ひまわりの里まんのう」が選ばれました。日本の夏の象徴ともいえるひまわりの風景は、未来へと引き継ぎたい貴重な宝です。

「ひまわりの里まんのう」の「ひまわりまつり」とは

人を惹きつけ、元気を与えてくれる花「ひまわり」の魅力を町内外の人々に見せたいという思いから、7月18日(土)19日(日)の2日間、お祭りが開催されます。
毎年恒例のこの「ひまわりまつり」では太鼓やカラオケ大会、野外演奏会などが催されるほか、町特産品の食べ物広場や産直市が並び、販売されます。ひまわりの切り花をはじめ、ひまわりアイスやひまわり油、ひまわりドレッシングなど、ひまわりづくしの特産品は「ひまわりの里まんのう」ならでは。お土産にもぴったりです。
また、8月末までフォトコンテストも募集しています。ひまわり畑で夏の思い出をカメラに収めてみてはいかがでしょうか。

■ひまわりスポットの詳細
名称:ひまわりの里まんのう
所在地:香川県仲多度郡まんのう町帆山地区 (帆山公民館)
見頃時期 2015年7月中旬~下旬
公式サイト:http://www.town.manno.lg.jp/

■ひまわりまつり 
日程:2015年7月18日(土)~19日(日)
時間:18日(土)18:00~21:00(宵まつり)、19日(日)9:00~15:00

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ