千年の歴史を誇る京都の夏の風物詩「祇園祭」の「山鉾巡行」を見に行こう

  • 1178 |
  • 最終更新:

京都に夏を告げる祭り「京都祇園祭」が、7月31日(金)まで開催中です。7月1日からはじまり、1ヶ月もの長期に渡って行われるこのお祭り。見どころはメインイベントの山鉾(やまぼこ)巡行です。「山」や「鉾」と言われる山車(だし)が、四条烏丸を出発し、約2時間かけて町内のコースを巡行します。また、その前夜祭にあたる「宵山」も行われます。ここでは、山鉾巡行と宵山について紹介します。

kyotodeasobo.com

衹園祭とは?

日本三大祭の1つに数えられる衹園祭は、京都・八坂神社と山鉾町の祭礼です。千年以上の歴史のあるこの祭りは、京都の夏の風物詩として、豪華さ、規模の大きさが知られています。この祭りのハイライトは山鉾巡行。17日の前祭(さきまつり)巡行と、24日の後祭(あとまつり)巡行と、2度に渡って行われます。

山鉾巡行のみどころは?

山鉾巡行は祇園祭のメインイベントで、7月17日(金)に前祭巡行、24日(金)後祭巡行が行われます。
山鉾巡行は、もともと八坂神社から出された神体が通られる町や通りを清めるために行われたのが起源と言われていますが、今日では「動く美術館」とも称される山鉾の豪華さを競う豪華なものに発展しました。
山鉾巡行の見どころは、その豪華で巨大な山鉾の「辻回し」。山鉾には方向舵がないため、曲がり角での方向転換は大変な作業です。山車をただ方向を変えるだけですが、祇園囃子の中、大きな声をかけ合う様子はかなりの見応えです。山鉾の重さは、約10トン、1番高い山鉾は25メートルの高さがあります。山鉾がスムーズに回りきると、見物客からは大きな拍手がわき上がります。

前日の夜は「宵山」を楽しもう

祇園祭の山鉾巡行の前夜祭のことを「宵山」と呼びます。宵山期間には、京都の町に山鉾が飾られたり、露天がでたりと大変賑わいます。普段は公開されない、旧家や老舗に代々伝わる屏風などの家宝の公開も行われます。
前祭宵山が7月14日(火)から16日(木)、後祭宵山が7月21日(火)から23日(木)に開催されます。
この他にも、祭りの期間中は、八坂神社をはじめ、鉾町などで様々な行事が行われています。祇園囃子に耳を傾けながら夏の京都を感じてみてはいかがでしょうか?

■イベント詳細
名称:京都祇園祭
所在地:京都府京都市
営業期間:2015年7月1日(水)~31日(金)
公式サイト:http://www.gionmatsuri.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ