千葉・守谷海水浴場で気持ちよく泳ごう!日本の渚百選に選ばれた透明度抜群の海

  • 29424 |
  • 最終更新:

千葉・房総半島南部にある「守谷海水浴場」で、2016年7月16日(土)に海開きが行われます。「日本の渚・百選」に選ばれたその海は透明度抜群。アクアラインにより都内からのアクセスも便利で、毎年多くの観光客が訪れるビーチです。ここでは守谷海水浴場の魅力をご紹介します。

katsuura-sanpo.com

守谷海水浴場とは?

千葉県南東部に位置する勝浦市にある守谷海水浴場。東京からも2時間でアクセスできる人気のビーチは両サイドを岬にはさまれ、入江になっているので波も穏やかです。遠浅の海では、潮が引くと海岸から150m沖の渡島まで磯が現れます。

守谷海水浴場の魅力とは?

海の透明度が抜群!

守谷海水浴場は日本屈指の透明度を誇り、環境省による「快水浴場百選」のほか、「日本の渚百選」にも選ばれています。全長550mにわたる白い砂浜とエメラルドグリーンに輝くビーチでは、小さな魚が泳ぐさまを見ることができます。

海の家の設備も充実!

守谷海水浴場では6軒の海の家が営業し、パラソル・波乗りマット・浮き輪などのレンタルがあります。また、トイレは5か所。ライフセイバーは国際武道大学ライフセービング部が担当し、海の安全が保たれています。

少し足を伸ばすと海中展望塔を観光できる

勝浦市周辺のリアス式海岸は寒流と暖流の接点となっていて、海の生物が豊富に生息しています。魚たちを観察するなら、守谷海水浴場から東へ約2kmの勝浦海中公園に設置されている海中展望塔がおすすめ。大きさは高さ約24.4m、水深8m。東洋一の規模です。
海中展望室からは、季節ごとにたくさんの魚や海底の様子を見ることができます。海底の神秘を堪能した後は海上展望室へ。見渡す限り広がる丸い地平線にマリンブルーの海が輝き、圧巻の見応えです。海遊びを堪能した後には海中展望塔へ行ってみてはいかがでしょうか。

守谷海水浴場へのアクセス

守谷海水浴場へは電車、車でアクセスできます。
電車の場合は、JR外房線「上総興津駅」から「おきつ歩道トンネル」を通り抜け、徒歩約10分です。
車の場合は、京葉道路館山自動車道「市原IC」で下車し、国道297号を大多喜経由で国道128号を鴨川方面へ向かいます。アクアライン海ほたるPAからは圏央道を経由し、「市原鶴舞IC」下車。勝浦までは約70分です。
駐車場は1,370台分のスペースが用意されています。料金は普通車1,500円、二輪車500円、マイクロバス10,000円、大型バス20,000円です。

■スポット詳細
名称:守谷海水浴場
所在地:守谷駐車場勝浦市守谷761-1
営業期間:2016年7月16日(土)~8月21日(日)
遊泳時間:8:30~17:00
料金:無料
電話番号:0470-73-6641 勝浦市観光商工課観光商工係(直通)
公式サイト:http://www.katsuura-sanpo.com/facilities/see-play/post-1374/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ